河野 万里子 プロフィールProfile

色には無限の可能性がある

カラーに関われば関わるほどその想いを強く感じます。
理屈抜きに正直に心と体に結びつく「カラー」は、商品購入時の顧客心理を紐解くカギとなり、
また持ち物の色でその人が求めている価値観を知ることもできます。
私が色彩舎を立ち上げ、カラービジネスの世界に入ったのにはいくつかの動機があります。

ドイツの美しい街並みに感動し、それを守り抜くには親から子供へと受け継がれる自然との共存としてのカラー教育が必要だと思ったこと。震災の被害にあわれた方が、「それでも、こんな時だからこそお化粧がしたいのよ」とおっしゃって口紅をほしがったこと。

その時に私は人が心満ちて生きていくためには、ただパンがあるだけでは充分ではなく、心を揺さぶるものが必要。
そしてそのひとつにカラーがあると気がついたのです。

カラーは見た目と心の両方からアプローチが出来ます。

自分自身のブランディングにカラーを取り入れ、それこそ水を得た魚のように生き生きと輝きを増す方。
店舗のイメージカラーを決めたことで、商品とターゲットを絞り込むことに成功し行列が絶えない店となった飲食店。
見た目を変えることで商品の良さをわかってもらう問題解決としてのカラー。

一方、色のバリエーションを増やすことで新しいターゲットの可能性を探る新規開拓としてのカラー。

そのどちらも、またそれが人であれ、モノであれ、企業であれ、カラーは使える対象を選びません。

『色の無限の可能性をビジネスの場に!』

お役に立てるようお手伝いさせていただくことが何よりの喜びです。

色彩舎創業ストーリーはこちら

「カラーなんて仕事になるの?」という周囲からの反応が原動力に。
絶対にカラーの価値を伝えたい!と進み続けることができた理由

プロフィール

河野 万里子
(こうの まりこ)

経歴

大阪府枚方市出身。

京都女子大学文学部英文科卒業後、大手商社や旅行代理店などを経て
2002年12月色彩舎を創業。2007年7月代表取締役に就任。

NTTドコモの売り場カラー監修、衆議院議員選挙候補者のイメージコンサルティングなど
カラーコンサルティング業を行うかたわら、色彩検定講師、パーソナルカラー講師としてカラーリストを養成。

また、「かんさい情報ネットten.」や「海原やすよともこの裏側ハッケン!」
などのメディアで幅広い層に向けてカラーの楽しさを発信する。

365日朝から晩まで働きながら子育てを行った経験が、
後に女性のカラービジネスをサポートする協会をつくるきっかけのひとつとなる。

カラーコンサルタントとしての経験値を理論に落とし込んだ
性格診断システム『カラータイプ®理論』を開発すると同時に
2009年にカラータイプインストラクター協会を創業。(現:一般社団法人カラータイプ協会)

その後10年で全国に約400名のカラータイプインストラクターを輩出し、
現在はカラータイプ®理論を応用したカラーマーケティングの開発・教育に従事。

四天王寺大学非常勤講師。関西ベンチャー学会理事。

著書に『色づかいで人を見抜くカラー読心術』(こう書房)がある。

資格

書籍

詳しくはこちら