カラーコーディネート研修Color Coordinate

カラーコーディネート研修とは

配色はセンスだと思っていたあなたに朗報です!

わずか12時間で色の基本からパソコン上での色選びまで一気に学べます。

メーカーの技術部門担当者から「講座満足度:93点」の評価をいただいたカラーコーディネート研修です。

色の知識を知らないとプレゼン資料作成においてどれだけ損かご存じですか?

ターゲットに合わない色の使用で相手の心をつかめない、センスの悪い資料ができてしまう、パソコン上での色再現法を知らないからパソコンの前で色選びに時間がかかる。それをテンプレートを使用してイメージとおりのプレゼン資料配色演習を行い、実践的にすぐに使えるセンスの良い配色を習得できます。

使用テキストは検定対策講座やカラーコーディネート研修の中で必要な色彩の知識をまとめた色彩舎オリジナルの「配色ワークブック」を使用します。

カラーコーディネート研修についてのQ&A

カラーコーディネートは何時間必要ですか?

カラーコーディネート研修は12時間のカリキュラムを組んでいます。

研修の効果を考えると短期集中の半日(4時間)+翌日一日(8時間)の研修が望ましいカリキュラムとして推奨させていただいております。

続けて2日の研修実施が難しい場合は、6時間+翌週6時間の2日間での実施も可能です。

1日目と2日目は1週間ぐらいまでが望ましく、それ以上時間が空きますと2日目にまた復習からの時間を取ることになり、効率が悪くなります。

カラーコーディネート研修に関しては、過去の企業様での実績より、2日間の短期間での実施をおすすめします。

また、実施企業様からも日々の業務でお忙しいスタッフ様の短期集中研修として効果的だと喜んでいただいております。

資料作成のためパソコンでの実践に落とし込めるカラーコーディネート研修を希望していますが、可能でしょうか?

はい、もちろん可能です。

基本的にカラーコーディネート研修は実際に仕事の現場で実践されなければ意味がありません。

色の基本知識や配色カードを使用してのカラーコーディネート術を学んだあとは、その配色を実際にパソコン上で再現させるテクニックも学びます。

この研修はお一人お一人にパソコンを用意していただく、実習型の研修となります。

パソコンを各自ご利用されない場合は、色エンピツなどでの実習に変更して実施させていただきます。

カラーコーディネート受講者の最適人数はありますか?

各自パソコンを使用する資料作成を目的にしたカラーコーディネート研修の場合、

最適人数は10名程度です。この人数ですと、全員に最後に完成させた資料配色について一人一人プレゼンしていただく時間がございます。

パソコンを使用せず、色エンピツを使用する場合の研修は20名程度まで1回の研修で対応することができます。

カラーコーディネート研修の教材は何を使用しますか?

カラーコーディネート研修では、カラーコーディネート研修の中で培った本当に必要な配色に必要なノウハウを凝縮した「配色ワークブック(色彩舎オリジナル)」のテキストを使用いたします。

他に新配色カード199aを使用いたします。

50ページのワークブックの中には、配色カードを切り貼りするワークも多く、

カラーコーディネート研修の後復習していただく時にも使いやすい保存版となっています。

カラーコーディネート研修の教材は何を使用しますか?

カラーコーディネート研修では、カラーコーディネート研修の中で培った本当に必要な配色に必要なノウハウを凝縮した「配色ワークブック(色彩舎オリジナル)」のテキストを使用いたします。

他に新配色カード199aを使用いたします。

50ページのワークブックの中には、配色カードを切り貼りするワークも多く、

カラーコーディネート研修の後復習していただく時にも使いやすい保存版となっています。

遠方なのですが出張に来ていただけるのですか?

交通費は実費で出張いたします。

泊りの場合は宿泊費(固定)別途頂戴いたします。

全国にある支店で研修を実施したいのですが、そんな大規模なカラーコーディネート研修に対応していただけるのでしょうか?

色彩舎所属の講師のほか提携のカラーコーディネート研修講師がいます。

業種や地域性などを考慮して、最適な講師を選出いたします。

カラーコーディネート研修の料金はどうなっていますか?

人数や研修実施場所などによって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

カラーコーディネート研修で得られる効果

  • センスだと思っていた配色スキルが、論理的に使えるようになる
  • メッセージに合った色を的確に選び出し、プレゼン資料に活用することができる
  • 顧客や社内向けに説得力のある提案書を作成できるようになる
  • 今まで時間がかかっていたパソコン上での色選びが、瞬時に選べるようになる
  • 短期間でビジネス文書に活用できるカラーテクニックが身に付く

カラーコーディネート研修の実績

パナソニック株式会社様主催 スタッフ向け研修

【カラーコーディネート研修】色で魅せる!効果的なプレゼン資料作成

内容

WEB・配色テクニック・色彩心理(カラータイプ)

場所

パナソニック人材開発センター(大阪府枚方市)

2日間続けての研修でした。

色の基礎から、実際のパワーポイントの資料の配色まで落とし込む、まさに理論と実践の研修です。

資料の配布先は社内や取引先という参加者が多く、情報をスムーズに的確に伝えるための配色テクニックを望んでいらっしゃいました。根拠無く色選びをすると、その色でなければいけない理由がないので、すぐに色選びは振り出しに戻ってしまいます。

最初の一色を決めることが大変重要です。そして意外に難しいのが、次に選ぶ2色目の色。パナソニック様はコーポレートカラーの青を基調とした資料作成が基本となるので、青に何色を足すのかということも関心が集中していたところです。

最後の演習はテンプレートも使用し、理論だけではなく、実際にテンプレートに落とし込むワークに時間をかけました。