カラーコーディネート研修~配色の基本を学んで説得力のあるプレゼン資料を~Color Coordinate

カラーコーディネート研修

カラーコーディネート研修とは【集合研修】【オンライン研修】

配色はセンスだと思っていた方に朗報です!

色の基本からパソコン上での色選びまで一気に学べます。

メーカーの技術部門担当者から「講座満足度:93点」の評価をいただいたカラーコーディネート研修です。

「資料作成時に色選びで時間がかかってしまう」「思い通りのイメージ配色がなかなかつくれない」

これらは全て「色の基本知識」を身につけることで解決できます。

センスに頼らない論理的な配色テクニックが学べる研修です。

集合研修とオンライン研修の違い

カラーコーディネート研修は、集合研修・オンライン研修どちらでもご受講いただけます。

集合研修は講師がひとりひとりのパソコン画面を見て回り直接アドバイスをします。
時間をかけてしっかりと知識を身につけたい場合は集合研修がおすすめです。

オンライン研修は、集合研修の内容を効率よく習得するプログラムです。

ひとりひとりの作成資料の確認時間はとれませんが、代表者数名の資料を見て配色についてのアドバイスを参加者全員で共有します。

集合研修 オンライン研修
研修時間 4時間×2日間 4時間
人数 30名まで 30名まで
フィードバック方法 一人ひとりにフィードバック 代表者のみ数名にフィードバック

カラーコーディネート研修の目的

目的1 直感的で説得力のある資料作成

配色テクニックを学び、直感的で説得力のある資料を作成できるようになる

目的2 顧客や資料の目的に合った色選び

色彩心理を習得し、顧客や資料の目的に合った色選びができるようになる

目的3 センスに頼らない論理的な配色ができるようになる

個人のセンスに頼った色選びではなく普遍的な配色美の技術を学び、活用できるようになる

受講対象者

営業担当者

顧客に提案内容が直感的に伝わる資料をつくりたい

総務人事担当者

会社指定のテンプレートに合った色選びをスピーディーに行いたい

商品開発担当者

商品が魅力的に見える資料をつくりたい

プログラムの特徴

説得力のある読みやすい資料作成に必要な配色テクニックと、ターゲットや目的に合った色選びの方法を習得します。

プログラムの内容は、色彩検定3級レベルの基礎知識からパソコン上での色再現、そして具体的なパワーポイント資料の作成までを段階的に学びます。

テンプレートを使用してイメージ通りの資料作成演習を行う実践的な内容になっています。

プログラムの内容

色の基礎知識

色の基本である色の三属性について

  • 色の三属性(色相/明度/彩度)
  • 有彩色・無彩色
  • 色相環
画像クリックで拡大
トーン

同じような印象やイメージを持つ明度と彩度をまとめたトーンについて

  • 鮮やかな色のグループ
  • 薄い色のグループ
  • 暗い色のグループ
  • 濁った色のグループ
画像クリックで拡大
配色テクニック①

これだけは覚えておきたい「アクセントカラー」などの配色技法

  • アクセントカラーの使い方
  • セパレーションカラーの使い方
  • 面積比とは
  • 可読性とは
  • グラデーションの使い方
画像クリックで拡大
配色テクニック②

美的で使いやすい「濃淡配色+アクセントカラー」について

  • 濃淡配色+アクセントカラーのつくり方ステップ
  • 濃淡配色+アクセントカラーの注意点
画像クリックで拡大
色彩心理

色についての普遍的なイメージについて

赤・ピンク・オレンジ・黄色・茶色・緑・青
紫・水色・ベージュ・黄緑・白・グレー・黒
の色彩心理と使用例

画像クリックで拡大
イメージ配色

日常でよく使う16のキーワードの配色について

  • プリティ・ロマンチック・エレガント・カジュアル
  • マイルド・ナチュラル・クリア・クール
  • モダン・ゴージャス・ダイナミック・エスニック
  • シック・クラシック・ダンディー・フォーマル
画像クリックで拡大
パソコン上での
色再現法

パソコン上での色のしくみと再現法について

  • 加法混色・減法混色
  • パソコン上での色選び(ハチの巣)
  • パソコン上での色選び(カラーバー)
画像クリックで拡大
実践ワーク

個人ワークを実施

  • NG配色のパワーポイントを使用して
    色彩の知識がない段階でのワークを実施
  • NG配色のパワーポイントを使用して
    色彩の知識を習得した後のワークを実施
  • ビフォーアフターを見て研修で習得した知識を確認
  • 画面共有を行い代表者の作成物を参加者全員で共有
  • 講師が良い点ともっと工夫した方がいい点を具体的にフィードバック
画像クリックで拡大

カラーコーディネート研修の実績

●パナソニック株式会社 スタッフ向け研修
【カラーコーディネート研修】色で魅せる!効果的なプレゼン資料作成

【研修を終えて】

2日間続けての研修でした。

色の基礎から、実際のパワーポイントの資料の配色まで落とし込む、まさに理論と実践の研修です。

資料の配布先は社内や取引先という参加者が多く、情報をスムーズに的確に伝えるための配色テクニックを望んでいらっしゃいました。根拠無く色選びをすると、その色でなければいけない理由がないので、すぐに色選びは振り出しに戻ってしまいます。

最初の一色を決めることが大変重要です。そして意外に難しいのが、次に選ぶ2色目の色。パナソニック様はコーポレートカラーの青を基調とした資料作成が基本となるので、青に何色を足すのかということも関心が集中していたところです。

最後の演習はテンプレートも使用し、理論だけではなく、実際にテンプレートに落とし込むワークに時間をかけました。

●NTTドコモ

店舗内のカラー監修及び集客率アップ・売り上げアップのための直接指導

POP・チラシ制作研修

売り場づくり強化プログラム~第一印象は「見た目」で勝負!~

量販店における携帯電話売り場づくり

売り場づくりのためのカラーコーディネート講座

●ドコモCS

明日から実践できるカラーの基本研修

【資料作成編】~配色の基本を学んで説得力のあるプレゼン資料を~

●丸紅テレコム

売り場づくりのためのカラーコーディネート講座

●アリオ札幌

実例で学ぶ!VMD研修~色彩心理&カラーコーディネート活用術

●デザインアーク

事業部カラー監修

●神戸市役所

配色研修

●大阪商工会議所

企業イメージUP・売上向上に役立つ『カラー』基礎講座

●ワールドオプティカルカレッジ

眼鏡美学Ⅰ「造形・色彩とメガネ(理論と実習)」

カラーコーディネート研修受講者の声

  • 効果的なカラーの組み合わせや差し色、トーンの合わせ方などビジネスで活用できるネタが多く活用できると感じた。

  • 日頃よく使うフォーマットに合うカラー等も教えていただいたので、資料作成に役立つ

  • PPTの色使いを、色相やトーンのどれを使って作ればいいかが分かった。

  • 今まで漠然と行っていた色の組み合わせが論理的に出来るようになった。

  • 様々なタイプの資料作成を作る機会が多いので、資料をみせる対象者や状況に応じた配色を考えるのにとても役立つと感じた。

  • 資料を見たときにカラータイプ毎に感じ方が異なることが理解できたため、今後の資料作りに活かせそうです。

その他注意事項

・オンライン研修の使用ツールについて

通常はZoomを使用しておりますが、その他のツール(Cisco Webex 、Microsoft Teams等)にも対応可能です。

Zoom以外のツールをご希望される場合は、お手数ではございますが、
ツールのご用意や設定、グループディスカッションの際のブレークアウトルームの設定などを企業様側にご依頼しております。

・受講者様のご準備について
個人ワークの時間がございますので、
PowerPointがインストールされたPCをご準備いただくことを推奨しております。
・研修内容のご確認について

研修発注のご検討をいただくにあたり、実際の講義で使用しているパワーポイントをオンライン上でのお打ち合わせにてご覧いただきながら、講義の流れをご説明させていたくことも可能です。

・研修内容のアレンジについて

社内で使用されているパワーポイントのテンプレートがある場合、事前にデータをいただけますと、そのテンプレートの色に合った配色を講義内で解説することが可能です。

その他研修への応用について

・カラータイプ®研修への応用
⇒色彩心理の基本とビジネス活用法を学ぶことができます。
カラータイプ®研修はこちら
・パーソナルカラー研修への応用
⇒自分の資質の色と似合う色との関係性が分かります。
パーソナルカラー研修はこちら

研修に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

講師プロフィール

河野万里子

大阪府出身、神戸市在住。

株式会社色彩舎代表取締役。関西ベンチャー学会常任理事。四天王寺大学非常勤講師。

京都女子大学文学部英文科卒業後、大手商社や旅行代理店などを経て、ドイツ1年、中国3年の海外生活を送る。

2002年12月色彩舎を創業。NTTドコモの売り場カラー監修、衆議院議員選挙候補者のイメージコンサルティングなどカラーコンサルティング業を行う。

また、TOKYO FM『Blue Ocean』や「海原やすよともこの裏側ハッケン!」などのメディアで幅広い層に向けてカラーの楽しさを発信する。

2009年には性格診断システム『カラータイプ®』を開発すると同時にカラータイプインストラクター協会を創業(2020年3月に事業譲渡)。

現在はカラータイプ®理論を応用したカラーマーケティングの開発・教育に従事。海外展開をしている企業の海外プロモーションのサポートや、カラータイプ®理論のノウハウを使用した性格診断ツールの開発・提供などを行っている。著書に『色づかいで人を見抜くカラー読心術』(こう書房)がある。

趣味:海外旅行、ワイン 愛するもの:ショパン、クリムト、ウィーン

色彩舎創業ストーリーはこちら

「カラーなんて仕事になるの?」という周囲からの反応が原動力に。
絶対にカラーの価値を伝えたい!と進み続けることができた理由