“カラーで分かるシリーズ”強み弱み診断編

水色の人

基本の強みと弱み

キーワード:思いやり/気配り/謙虚/サポート/品性/優柔不断

〈強み〉

優しく思いやりがあり、つねに自分のことよりも人のことを優先させる気配りタイプです。
おだやかで謙虚、つねに周囲のサポート役になる人です。

〈弱み〉

自己主張をせず人のことを優先しすぎるところが、自分でもストレスになる時があります。
傷つきやすく脆いナイーブな面もあります。

水色の人3パターン

~思いやりタイプ~

相手のようすを見て必要な時に声をかけ、何よりも相手優先に考え行動します。
「やさしそう」で「怒らなさそう」な表情の思いやりタイプの水色の人。
その思いやりが、自分のことをなおざりにするということに繋がることもよくあります。
頼まれたことを断るのは苦手で、自分のキャパシティオーバーでも引き受けてしまうことがあります。「自己犠牲」と言えばそうですが、それよりも相手に「ありがとう」を言ってもらうのが何よりの喜びなのです。

~サポート秘書タイプ~

清潔感のある装いで、上品な受け答えはサポート秘書タイプの水色の人です。
人やチームの役に立とうという献身的な行動をとります。
リーダーがいることでそのサポート精神と事務や受付能力などが遺憾なく発揮できます。
ただし、そのサポート能力もリーダーあってのこと。リーダーとの相性がとても大切です。

~気配りタイプ~

でしゃばらず控え目に相手に配慮した行動をとります。
相手が望むことをすぐにキャッチし、言われる前にその行動がとれるのが
気配りタイプの水色の人です。
ただし、相手優先の行動は時によっては八方美人ととられることも。
まわりに気配りすることで、優柔不断なあいまいな態度になってしまうことがあります。