色彩舎メルマガ 『三色ボールペン情報活用術?』 ビジネス編20

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    +.*。☆.* 色が社会を、人生を変える! *.☆。*.+     □■

 □         色彩舎メールマガジン             □

 □□      色彩 ビジネス編 20

 □■□      http://www.shikisaisha.jp/

 ――――――――――――――――――――――≪ 2005.4.1発行 ≫――

 

  ★ お知らせ ★

 

  「パーソナルカラー診断 プロ養成講座 4/10スタート 

                    隔週日曜日」

  http://www.shikisaisha.jp/archives3/05/000066.html

 

  「パーソナルカラー診断フォーシーズン修得編 GW3日集中講座」

  http://www.shikisaisha.jp/archives3/05/000071.html

 

  河野万里子先生が主宰する、色彩舎で

  メルマガ担当をしています 間平 知穂 です。

 

 

  とうとう桜が咲きましたよ!!、大阪城周辺は桜色です。

 

  実は、一週間前はまったく桜が咲いていなかったのです。

  そんななか大阪 天満橋では桜祭り!!なるものの横断幕があって、

  さびしい状況でしたが・・・・

 

  今日は昼から夜まで花見の人でいっぱいです、桜とそして 場所取り

  をする新入社員(笑)とでお祭りな雰囲気になっております。

 

  とうとう春ですね・・・ もちろん花粉も飛んでいるようですが

  負けずに楽しくまいりましょう。

 

 

  そうそう、ニュースでやっていたのですが、消防団が山火事に出動したら

  花粉の飛沫が煙にみえたそうです。

 

  そのときのビデオが、あったのですが、もうもうと立ち上っていました。

  確かに遠くからなら煙に見えます。

 

  消防団のみなさま、きっとくしゃみがとまらなかったのではと思います。

  「ごくろうさまです!!」

 

 

  ところで、以前からお問合せをいただいておりました、GW3日集中で

  パーソナルカラー診断を会得していただこうという講座をお知らせ

  します。

  「パーソナルカラー診断フォーシーズン修得編 GW3日集中講座」

  http://www.shikisaisha.jp/archives3/05/000071.html

 

  こちらは、少人数での開催ですので、興味のある方は早めにチェックして

  くださいね。

 

  ◆--<今回の色彩ビジネス講座は>--◆

 

  今回は河野先生には、色彩のいろいろな使われ方の一つについて

  お願いしました。

 

  では、河野先生の知って得するカラー情報をお楽しみください。

 

-----------------------------------

 

   『三色ボールペン情報活用術』

 

 =======================================================

 [はじめに]

 こんにちは。色彩コンサルタントの河野万里子です。

 知って得するカラー情報をお届けします。

 =======================================================

 

 

 今回は色の活用術についてです。

 

 先日書店でたまたま目にした「三色ボールペン情報活用術」。

 「三色」という言葉に惹かれてついつい買ってしまいました。

 

 「声に出して読みたい日本語」で有名な斉藤孝先生の

 本なのですが、これはまさしく色の有効活用法についての

 内容でした。教育者の方が色の大切さを書いて下さるのは

 とても嬉しいですね

 

 その活用術とは、まずテキストや資料を三色ボールペン(赤、青、緑)で

 要点をチェックしながら読み進めていくというものです。

 

 色分けは次のルールに従います。

 

 赤: とても重要なこと(客観)

 青: やや重要なこと(客観)

 緑: 面白いこと(主観)

 

 こうして色分けされた情報というのは生きたものとして

 目に飛び込んできて自分のものになるのです。

 

 斉藤氏いわく、「黒は思考が停止する色」なので脳のために

 使用しないのだとか。

 

 さてこの三色ボールペン情報術は、次のような色彩の働きを利用しているのですよ。

 

 1.色で区別する

  サッカーなどの試合で敵味方がわかるようにユニフォームの色を分ける。

  地下鉄の路線地図で路線ごとに色わけをする。

  

  これらは「区別する」ための色彩の働きです。

  区別するためには「はっきりと違う」色を使用することが必要です。

 

  赤、青、緑という基本色ではっきりと色で区別してわかりやすくします。

 

 2.色彩心理を利用する

  赤はインパクトを与えたい時に、青は落ち着きや冷静さを、

  緑はリラックス感を感じさせます。

 

  その色彩心理を利用して、それぞれ文章にマークをつけていきます。

 

  そうすると後からテキストをチェックした時に、最も重要なことや

  自分自身が興味を持ったところがはっきりわかります。

 

  区別するだけではない、それぞれの色の意味を持たせているのです。

 

 3.たくさん色を使い過ぎない

  あまりにカラフルなメモは色分けが複雑になって、後から見ても

  わかりにくいものです。

  3つに分けるのは最適な数ですね。

 

 

 皆様も、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

-----------------------------------

 

 ―あとがき―――

 

 本日も、最後までお付き合いくださいまして

 ありがとうございます。m(_ _)m

 

 色彩舎では、読者のみなさまのご意見をお待ちしております。

  http://www.shikisaisha.jp/contact/question/index.html

 

 特に、こんな講座やセミナーをという意見大歓迎です。

 

 これからも是非ご期待いただけますようお願いします。

 それでは、間平 知穂 がお届けいたしました。

 

-------------------------------------------------------------

★ お知らせ ★

 

「パーソナルカラー診断 プロ養成講座 4/10スタート 

                    隔週日曜日」

http://www.shikisaisha.jp/archives3/05/000066.html

 

「パーソナルカラー診断フォーシーズン修得編 GW3日集中講座」

http://www.shikisaisha.jp/archives3/05/000071.html

 

「AFT色彩能力検定2・3級対策講座 2005春」スタートしました!

 

「東商カラーコーディネーター検定2級対策講座 05春」スタートしました!

 

-------------------

 

色 彩 舎

 

-------------------

 

□発行元     色彩舎 河野万里子

□ご意見・ご要望は、 mailto:info@shikisaisha.jp

 までお願い致します。

 メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

 http://www.shikisaisha.jp/archives3/06/index.html

 こちらから、お願いいたします。

 

□色彩が社会を変えるをコンセプトに色彩舎はカラービジネスの普及

 を通して、社会に貢献いたします

 

□色彩舎は頑張る女性を本気で応援しています。

 

□連絡先

 TEL 06-6271-6450

(電話は自動応答にて受け付けております。

 折り返し電話させていただきます。)

 FAX 06-6271-6455

 info@shikisaisha.jp

 http://www.shikisaisha.jp

 

◆-----------------------------------------◆