色彩舎メルマガ 『 カラー読心術~顧客を見抜く!~ 』

  色彩舎メールマガジン                      2013/05/13 236号

 ====================================================================

 河野万里子率いるカラーインストラクターがそれぞれの分野で

 カラーの仕事への活かし方をお伝えします。

 色彩舎サイト  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o35mu0llftqp1grp8vU

 カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o36mu0llftqp1grplZd

 ====================================================================

 

 

 ━MENU━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ●カラービジネスコラム

       『 カラー読心術~顧客を見抜く!~ 』

  ●河野万里子編集後記 

 ●お知らせ 色彩舎サイトリニューアルしました!

       http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o37mu0llftqp1grpBXs      

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

       『 カラー読心術~顧客を見抜く!~ 』

 

                  

 

  こんにちは。色彩心理学と配色テクニックでビジネスに切り込む

  カラービジネスコンサルタントの河野万里子です。

 

 

  5月も中旬となりましたね。

 

 、暖かくて気持ちのいい天気の日には、

  今年大流行のネオンカラーで鮮やかに華やかに装いたくなります。

 

  

  さて、何度もメルマガでお伝えしている通り、

  色彩舎のサイトがリニューアルオープンし、

  サービス内容も更にバージョンアップしております。

 

  拙著「色づかいで人を見抜く カラー読心術」は

  「ヒト」を見抜いてコミュニケーションに使うという話が

  主流となっていますが、

 

  ビジネスの場だと、

  「顧客のニーズ・可能性を見抜く」ことで、

  成約率をあげ、売上アップにつなげるということになりますね。

 

  カラー読心術で

 

  あなたの顧客の価値観は何か?

  あなたの顧客のして欲しいサービスは何か?

  あたなの顧客の好きな配色は何か?

  あなたが顧客拡大を狙う場合は、何色気質の人まで拡大できるのか?

 

  ということを知ることができます。

 

  そう、これはまさに「マーケティング」です!

 

 

  ゲーミフィケーションという独自の手法でコンサルティングを

  行っているゲーム戦略コンサルタントの神馬豪氏によると

 

  このカラー読心術の元になっている『カラータイプ理論』は

 

  =================================================================

 

  通常、過去のデータや理想のお客様を考えながら顧客ターゲットを

  決めていきますが、  

 

  カラータイプ理論を活用すれば、

 

   お客様が何を考えているのか、

   どういう行動・判断をするのか

 

  がすぐにわかります。

 

  それがわかれば、

 

  よりそのお客様にあった販促施策・営業施策を行うことができますので、

  売上アップにつなげることができます。

 

  サービスよりモノを売っている企業の方が

  やりやすそうですが、

  基本的には「お客様」を理解するということなので、

  どのような企業でも対応できます。

 

  この手法を活用することで、

 

  理想のお客様を想像する「ペルソナ」といった従来の

  マーケティング手法の限界を打ち破ることができまます。

 

  =================================================================

 

  と、中小企業診断士のお立場からもこのように言っていただいています。

 

 

  私も先日、この手法を使った新規顧客拡大のためのカラー提案を

  自動車メーカー様にさせていただきました。

 

  「年齢や男女別、収入といったカテゴリーで分けるのとは

  また違った、色を使った価値観でカテゴリー分けできるのは

  とても面白い!」

 

  というのがご担当者様からのご感想です。

 

  全く新しいカラータイプ理論を使ったマーケティングの切り口は、

  商品の新規顧客拡大の可能性を広げます!

 

 

  ◆ カラー読心術「ひと・モノ・企業」の見抜き方セミナー ◆

   <東京開催> 5月14日(火)夜

  

  お申込みはこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o38mu0llftqp1grpQ7D

 

 

  =============================

  【河野万里子編集後記】

 

   新サイトがリニューアルしましたのでぜひ見てください!

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o39mu0llftqp1grpwqD

     

  トップページ、ちょっと私笑い過ぎかな?とも思いましたが、

  笑い過ぎの写真しかなかったのです(笑)

 

  だってカラーの仕事って楽しすぎますから♪

 

  今回のメルマガはいかがでしたか?

  ご感想いただければ嬉しいです!mail@shikisaisha.jp  

  =============================

 

 

  ★★★ 『色づかいで人を見抜く カラー読心術』 ★★★

  (河野万里子著 こう書房出版発行)アマゾンでのご購入はこちらから!!

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3amu0llftqp1grpxFK   

 

 

  『色づかいで人を見抜く カラー読心術』の基本13色を

  しっかりと学びたい方はこちらの講座を!

  

  ●「カラー読心術講座~13色の色彩心理」

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3bmu0llftqp1grpZ8f

   

 

  ■「カラータイプアドバイザー認定講座」  

  楽しく4タイプの価値観を知るワーク型の基本講座です。

  たったの4時間で、4タイプの概要を知ることができるお得な入門講座。

  カラータイプアドバイザーの認定証の授与もあり、さらに魅力です。  

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3cmu0llftqp1grpLS6

 

 

  ●「カラーで魅せる企画書・提案書 パワーポイント作成術 2日集中講座」

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3dmu0llftqp1grpCaw

 

 

  ●「空室解消!マンションカラーリフォーム術 2日集中講座」

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3emu0llftqp1grpA8B

 

 

       ■□■  ブログ好評です! ■□■

 

 

  『カラータイプインストラクターのお喋りカフェ♪』

  ★カラータイプインストラクター協会のブログはこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3fmu0llftqp1grpeWD

 

  『ビジネスにカラーを!色彩舎河野万里子のブログ』  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3gmu0llftqp1grpfJX

 

  『色彩舎住宅カラーチーム★のブログ』はこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3hmu0llftqp1grpvmQ

 

 

 

       ■□■ サイトはこちらです ■□■

 

 

  色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3imu0llftqp1grpyI2

 

  カラータイプインストラクター協会 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3jmu0llftqp1grpUJp

 

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 mail@shikisaisha.jp までお願い致します。

  メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3kmu0llftqp1grpMT2

  こちらから、お願いいたします。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/c0o3lmu0llftqp1grpheO

 □連絡先

  TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 mail@shikisaisha.jp

 ====================================================================