色彩舎メルマガ 『 クロージングにいかす色彩心理 』

  色彩舎メールマガジン                     2012/10/30  225号

 ====================================================================

 河野万里子率いるカラーインストラクターがそれぞれの分野で

 カラーの仕事への活かし方をお伝えします。

 色彩舎サイト  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwh0x00kp4ogkxgk5SC

 カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwi0x00kp4ogkxgkcIA

 ====================================================================

 

 

 ━MENU━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ●カラービジネスコラム

        『 クロージングにいかす色彩心理 』

  ●河野万里子編集後記  

 ●お知らせ

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

       『 クロージングにいかす色彩心理 』

 

 

 

  みなさん、こんにちは。

 

  色の力で「この部屋に決めた!」と言わせる、

  色彩舎住宅カラーチームの川瀬一栄(かわせ いちえ)です。

 

 

  季節はいよいよ11月を迎え、秋本番。

 「読書の秋」「スポーツの秋」

 

  過ごしやすいこの季節、何かに一所懸命取り組むのもいいですね。

 

 

  さて、今回のメルマガでは

  色彩舎住宅カラーチームのお客様へのヒアリングの様子をお伝えしたいと思います。

 

 

  なにかをお客様にご提案する際

  ヒアリングを通して、お客様のニーズを探ることは大切ですね。

 

  みなさんは、どんな方法でお客様のニーズを探っていますか?

 

 

  色彩舎住宅カラーチームでは、

  ヒアリングの際にはヒアリングシートを使用していますが、

  そこには、カラーリフォームをお考えの物件についてのお悩みの他に

 

  「好きな色」

  「嫌いな色」

 

  を記入する欄があります。

 

 

 

  それは一体なぜだと思われますか?

 

  ・・・・・カラーリフォームでこの「好きな色」をご提案するため??

 

 

  いえいえ!そうでは、ありません!!

 

  ・・・・・カラーコンサルタント事務所だから??

 

 

  実は、そうなんです!!

 

 

  というのも、実はこの「好きな色」「嫌いな色」から

  お客様の価値観をおしはかることができるからなのです!

 

 

 

  たとえば、赤の色彩心理は「情熱的・活動的・積極的」

 

  赤が好きな人に対して望まれる対応として、

  「エネルギッシュでスピーディーな対応」が考えられます。

 

  攻めの姿勢の提案も、積極的と高評価をいただける可能性が高くなります。

 

 

 

  一方、青の色彩心理は「落ち着き、冷静、理性的」

 

  青が好きな人は、やみくもに熱く語るだけではなく、

  「冷静な判断理由をしっかり伝えた方がより効果的」な場合が多々あります。

 

 

 

  「好きな色」「嫌いな色」は、自分で意識している価値観を表しています。

 

  「好きな色」の色彩心理は、自分が肯定的にとらえている価値観であることが多く、

  「嫌いな色」の色彩心理は、自分が否定的にとらえている価値観であることが多いもの。

 

 

  お客様の価値観がわかれば、お一人お一人にあった対応が可能になります。

 

 

 

  何色が好きでも、お客様の立場にたった誠実な対応が一番ですが、

  そこに、価値観にあった対応がプラスされたら、どうでしょうか?

 

 

  実際に「紫が好き」というマンションオーナー様にむけた外壁カラーのご提案では、

  周辺の建物には使われていない色を使った個性的な配色をご提案し、

  即決を頂いたことがあります。

 

 

  紫の色彩心理は「個性的、美意識、ミステリアス」

 

  紫好きの人には、没個性、平凡と映る無難な配色では物足りないのですね。

 

 

 

  カラーコンサルタント事務所の色彩舎ならではの色彩心理クロージング法。

 

  これも、私たちの大切なコミュニケーションのひとつなのです!

 

  

 

  =============================

  【河野万里子編集後記】

 

  「好きな色」「嫌いな色」をコンサルティングの場でお聞きするのは

  お客様の隠れたニーズを引き出すのにとても役立ちます。

 

  「何となくこんな感じのイメージでこの商品を売りたい!」

 

  の中の「何となくこんな感じ」を

 

  「情熱的な赤ですか?それとも冷静な青ですか?」

 

  とその意味を色で視覚化していきます。

 

  そうするとその「何となく」が赤か青か具体的な色として

  表現できる訳です。

 

  「何となく」を言葉で表現するのは難しくても

  「何となく」を色で絞っていくのはとても簡単。

 

  難しい手法ではなく、

  「好きな色」「嫌いな色」を聞くだけで隠れたニーズにまで

  アプローチできる色彩心理の効果。

 

  使わない手はないですね。

  

 

  

  今回のメルマガはいかがでしたか?

  ご感想いただければ嬉しいです!info@shikisaisha.jp  

  =============================

 

  

  接客からクロージングまでのビジネス色彩心理を学びたいと思ったら

  こちらの講座をおすすめします。

 

  ●「13色のカラー心理学講座」

 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwj0x00kp4ogkxgkln7 

 

 

  ■「カラータイプアドバイザー認定講座」

  

  楽しく4タイプの価値観を知るワーク型の基本講座です。

  たったの4時間で、4タイプの概要を知ることができるお得な入門講座。

  カラータイプアドバイザーの認定証の授与もあり、さらに魅力です。  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwk0x00kp4ogkxgkto8

 

 

  ●「カラーで魅せる企画書・提案書 パワーポイント作成術 2日集中講座」

 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwl0x00kp4ogkxgkou2

 

  ●「空室解消!マンションカラーリフォーム術 2日集中講座」

 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwm0x00kp4ogkxgkypH

 

 

  ◆ リーガロイヤルホテルでのカラーセミナ ◆

 

 

  『サクセス・ブランディングカラー発見セミナー』

 

  

  詳細とお申込みはこちらのリーガロイヤルホテルのサイトよりお願いします。

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwn0x00kp4ogkxgkG2o

  

  男性のご参加も大歓迎!皆さまにお会いできますことを、楽しみにしています♪

 

 

 

       ■□■  ブログ好評です! ■□■

 

 

  『カラータイプインストラクターのお喋りカフェ♪』

  ★カラータイプインストラクター協会のブログはこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwo0x00kp4ogkxgk8N0

 

  『ビジネスにカラーを!色彩舎河野万里子のブログ』  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwp0x00kp4ogkxgk6Fl

 

  『色彩舎住宅カラーチーム★のブログ』はこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwq0x00kp4ogkxgkTK4

 

 

 

 

       ■□■ サイトはこちらです ■□■

 

 

  色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwr0x00kp4ogkxgkNtd

 

  カラータイプインストラクター協会 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iws0x00kp4ogkxgk02i

 

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwt0x00kp4ogkxgkxwx

  こちらから、お願いいたします。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0iwu0x00kp4ogkxgkOzD

 □連絡先

  TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================