色彩舎メルマガ 『 カラー理論は業務改善に直結する 』

  色彩舎メールマガジン                     2012/09/10  221号

 ====================================================================

 河野万里子率いるカラーインストラクターがそれぞれの分野で

 カラーの仕事への活かし方をお伝えします。

 色彩舎サイト  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mz5lw0zj9q37v7j8Oxs

 カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mz6lw0zj9q37v7j8egY

 ====================================================================

 

 

 ━MENU━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ●カラービジネスコラム

        『 カラー理論は業務改善に直結する 』

  ●河野万里子編集後記 

 ●お知らせ

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

       『 カラー理論は業務改善に直結する 』

 

                       

 

 こんにちは。色彩心理学と配色テクニックでビジネスに切り込む

 カラービジネスコンサルタントの河野万里子です。

 

 

 最近はオリジナルメソッドの「カラータイプ」を使った

 色彩心理学のコミュニケーション術についてのレクチャーが

 多いのですが、

 

 先週は久々に色彩理論の王道「カラーコーディネート研修」を

 行ってきました。

 

 

 参加者は電気機器メーカーの社員の方たち。

 部署は商品開発、システム、商品企画などです。

 

 

 定例化しているこのカラーコーディネート研修は

 2日間12時間の研修で、

 

 内容は色彩学の基礎知識から、有効な配色テクニック、

 色選びの考え方のプロセス、そしてパソコンでの色再現法、

 

 最後は、自分で伝えたいメッセージやターゲットに向けて

 適切に色を選ぶことができ、

 且つ美的な配色までをパワーポイント資料に反映させることができる

 実践講座です。

 

 

 今回いただいた研修後のアンケート結果の評価は

 

 「研修全体の満足度」 96点

 

 

 特に

 

 

 「講座の内容は期待通りか?」の質問には

 

 参加者全員から満点(100点)の評価をいただきました。

 

 

 

 では何故、

 

 毎回このような高い評価を企業研修でいただけるのでしょうか?

 

 

 実際に参加者たちの声をご紹介します。

 

 ====================================================================

 

 今回の「ビジネスで活きるカラーコーディネート術」研修についての

 アンケート結果の抜粋

 

 

 ●満足度に対する意見

 

 ・今まで曖昧だった色彩選択法が明確になった。

 ・配色の基本がわかりました。

  どうしてその色を選択したのか、理論的に説明できるように

  なりました。

 ・実務で活用できる実例をたくさん教えていただいた。

 ・演習が多かった。

 ・何となく色づけしていて作成していた会議資料を、

  より効果的に説明でき、見やすい資料が作れそう。

 

 

 ●業務に役立つ内容に対する意見

 

 ・プレゼン資料の質が改善すると思う。

 ・早速、現在検討中の新規開発画面の配色検討に生かします。

 ・作成する資料の色について、意見されることがよくあり、

  それについての対処法などを学べたので。

 ・配色を決める悩みが削減でき、少なからず業務効率できそう

 

 

 ●講座内容に理解度に対する意見

 

 ・2日間の短い間でしたが、基本から応用までわかりやすく

  説明していただけました。具体的に、参加者それぞれの問題に応じた

  アドバイスをいただけたのが理解しやすかった。

  実践でためになると思った。

 ・詳しく丁寧な説明と、具体例でよくわかった。

 

  

 ====================================================================

 

 

 当然ながら、研修参加者は忙しい仕事の合間を縫って、

 事前に上司にカラー研修の申請と許可をもらって、参加されています。

 

 色に関する悩みを解決して業務改善をしたい!と参加者も本気です。

 

 限られた時間の中で、

 

 カラー理論の中から何を抜粋して、何を省き

 またどんなプロセスで実践にまで導くかというのが

 カラービジネスコンサルタントの腕の見せ所。

 

 

 『 カラー理論が業務改善に直結する! 』

 

 

 それを感じて、明日から実践していただければ

 こんなに嬉しいことはありません。

 

 

 また今週も横浜から大阪枚方に場所を変え、

 カラーコーディネート研修です!

 

 

 

  =============================

  【河野万里子編集後記】

 

  何が嬉しいかというと、今回の研修の企画担当者が毎回研修で

  お会いするたびに、配色テクニックの腕があがっていること。

 

  お立場としてはお世話係になる方ですが、ご自身が最初に

  カラー理論をしっかりと学びたいと、インターネット上で

  カラー講師を探されていたのが今回のご縁へとつながっています。

 

  その企画担当者様曰く

 

  「先生を選んだのは、色彩舎のサイトの配色と、

  最初にお会いした時の先生のファッションの色です!」

 

  やっぱりカラーのプロは「色」で選ばれるようです。

 

  

  今回のメルマガはいかがでしたか?

  ご感想いただければ嬉しいです!info@shikisaisha.jp  

  ==============================

 

 

  【オススメ講座のご案内です】

 

  ★今回のカラーコーディネート研修の内容はこの講座で学べます。

 

  ●「カラーで魅せる企画書・提案書 パワーポイント作成術 2日集中講座」

 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mz7lw0zj9q37v7j8OUj

 

  ■「カラータイプアドバイザー認定講座」

  

  楽しく4タイプの価値観を知るワーク型の基本講座です。

  たったの4時間で、4タイプの概要を知ることができるお得な入門講座。

  カラータイプアドバイザーの認定証の授与もあり、さらに魅力です。  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mz8lw0zj9q37v7j8NhB

 

  ●「色彩心理講座」

 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mz9lw0zj9q37v7j8v4n

 

  ●「空室解消!マンションカラーリフォーム術 2日集中講座」

 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mzalw0zj9q37v7j8B2W

 

 

 

       ■□■  ブログ好評です! ■□■

 

 

 

  『ビジネスにカラーを!色彩舎河野万里子のブログ』  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mzblw0zj9q37v7j8Egx

 

  『色彩舎住宅カラーチーム★のブログ』はこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mzclw0zj9q37v7j8SVK

 

  『カラータイプインストラクターのお喋りカフェ♪』

  ★カラータイプインストラクター協会のブログはこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mzdlw0zj9q37v7j8BFi

 

 

 

       ■□■ サイトはこちらです ■□■

 

 

  色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mzelw0zj9q37v7j82Lv

 

  カラータイプインストラクター協会 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mzflw0zj9q37v7j8EyV

 

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mzglw0zj9q37v7j8Awl

  こちらから、お願いいたします。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0mzhlw0zj9q37v7j8OWX

 □連絡先

  TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================