色彩舎メルマガ 『 日本人の色彩感覚 』

  色彩舎メールマガジン                     2012/04/26  211号

 ====================================================================

 河野万里子率いるカラーインストラクターがそれぞれの分野で

 カラーの仕事への活かし方をお伝えします。

 色彩舎サイト  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04spvu0wj6uryzgyhRWp

 カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04sqvu0wj6uryzgyhlMz

 ====================================================================

 

 

 ━MENU━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ●カラービジネスコラム

       『 日本人の色彩感覚 』 

 ●河野万里子編集後記

 ●上海進出記念ツアーのお知らせ

 ●各種講座のご案内

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

            『 日本人の色彩感覚 』

 

                 本部インストラクター  青柳 彩子

 

 

 

  みなさんこんにちは。

  資格取得のエキスパート、本部インストラクターの青柳彩子です。

 

  私は今、『源氏物語』にハマっています。

 

  昨年の夏、染色家の吉岡幸雄さんの展覧会に行ったのがきっかけです。

 

 

  吉岡さんは、京都にある江戸時代から続く染屋の五代当主。

  化学染料を一切使わない伝統的な植物染を生業とされ、

  日本古来の色を伝える第一人者です。

 

 

  そんな吉岡さんが半生をかけて挑まれた偉業、

  「『源氏物語』五十四帖の色と衣装」が

  展覧会で展示されていました。

 

  この衣装を観たときの感動といったら!

 

 

  植物染料にしか出せない深みのある色彩。

  絹の光沢と鮮やかな色彩が醸し出す高級感。

 

  観ているだけで豊かな気持ちでいっぱいになります。

 

  と同時に、日本人独特の感性にうっとりしてしまいました。

  四季の移ろいを敏感にキャッチし、

  オシャレに着こなす技は卓越しています。

 

 

  源氏物語のストーリーは断片的にしか知らなかったので、

  ストーリーを詳しく知っていたらもっと楽しめたはず。

  悔やまれます。

 

  源氏物語を一から読み直そうと心に誓い

  ここから私の源氏物語ブームが始まりました。

 

 

 

  そこでせっかくのマイブームをいかして

  「源氏物語から見る平安の色彩文化」をナビゲートします♪

 

 

  ●『源氏物語』に一貫して登場する「紫」について

 

  主人公光源氏の実母である桐壺。

  義理の母でありながらも激しく恋慕する藤壺。

  桐も藤もともに紫色の花です。

 

  光源氏がもっとも愛する女性は「紫の上」。

  尊い重要な人物には紫、です。

 

 

  平安時代、紫はとても高貴で憧れの色でした。

  誰もが自由に着用できる色ではありません。

 

  紫を着ているだけで男性なら「カッコイイ」と言われ、

  女性なら「品位のある美人」と称されます。

 

 

 

  一口に「紫」と言っても、

  読者の方はどんな紫を想像されているでしょうか。

 

  赤紫、青紫、濃い紫、薄い紫…

 

 

  平安時代の色彩文化の素晴らしいところは、

  色の命名法にあります。

 

  赤みのある紫→杜若(かきつばた)

  青みがかった紫→桔梗(ききょう)

  少し青みがかった薄い紫→紫苑色(しおんいろ) などなど。

 

  微妙な色の違いも草花になぞらえて表現し、

  バリエーションも豊富です。

 

  色彩検定で習う表色系や系統色名は、なんて味気ないんでしょう!

  (専門用語が分からない方ゴメンナサイ)

 

 

 

  ●平安時代の色彩表現の真骨頂ともいえる

  「かさねの色目」について。

 

  その言葉の通り、着物を重ね合わせた色目のことを指します。

 

 

  1枚あわせ仕立ての衣の表と裏の色の組み合わせを「重ねの色目」、

  その衣を幾重にも着装する女官の十二単の多彩な色の配合を

  「襲(かさね)の色目」と呼びました。

 

  それぞれの色目は季節と年齢によって規定されています。

  日本人の色彩選択に季節感の影響が強く見られるのは、

  この時代から始まっています。

 

 

  重ねの色目の例としては、

  春 「桜」:表白、裏赤花

  夏 「柳」:表白、裏淡青(青は現代でいう緑)

  秋 「朽葉」:表濃紅、裏濃黄

  冬 「雪の下」:表白、裏紅梅

 

  草木や花、自然の風景を見事に表現しています。

  冬の景色は白一色ではなく、

  雪の下にこれから咲こうとする梅の花が…。

  なんて可憐な表現!

 

 

 

  先の吉岡さんの展覧会では、

  『源氏物語』で登場する襲の色目が忠実に再現されていました。

 

 

  藤壺を象徴する藤の花の襲であれば、

 

  上に濃い紫、下にいくほど薄い紫になり

  最後に白が入るグラデーション。

  さらに葉の緑が添えられています。

 

 

  自分のセンスが問われるかさねの色目。

  季節に合う色を着用することが最高のオシャレであり、

  オシャレの腕の見せどころでもありました。

  季節外れは許されません。

 

 

  日本人の豊かな感性と華麗で優雅な表現力。

  現代の私達のDNAにも、きっとその能力は受け継がれているはずです。

 

  明るい気分で華やかな色が着たくなるこの季節。

  季節を感じながら服を選べるのも日本人の特権ですね。

 

 

  

  ==============================

  【河野万里子編集後記】

 

 

  私が「日本人で良かった」と心から思える時は

 

 

  桜のつぼみを見て、本格的な春の到来を感じたとき・・・ 

  夜桜の妖しさに思わず心奪われたとき・・・ 

  桜吹雪の中で、はかなさの美学の中に『強さ』を感じたとき・・・

 

  ・・・

 

 

  そんなことを考えながら、

  今日このメルマガが皆様に届く頃、青柳さんと私は、

  京都の大学を訪問し、鴨川を眺めながら

  「日本人で良かった」を改めて感じています。

 

 

  今回のメルマガはいかがでしたか?

  ご感想いただければ嬉しいです!info@shikisaisha.jp  

  ==============================

 

 

 

     ■□■ 上海進出記念ツアーのお知らせ ■□■

 

 

 

   <<上海カラー視察&カラータイプ3周年記念パーティ♪>>

 

   ビジネスチャンスが広がる上海でカラーの可能性を一緒に感じませんか?

 

   河野万里子がビッチリと3日間、皆さんとご一緒にその可能性を探ります!

 

 

  ◆目的◆  上海の街のカラーを分析調査しながら人気スポットをまわります

        一流ホテルでカラータイプの3周年の記念パーティを開催

        上海在住の日本人と日本のインストラクターとの交流会

       

  ◆日程◆  2012年7月6日(金)~7月8日(日)2泊3日

  

  *パーティ参加者のみの7月7日(土)8日(日)1泊2日ツアーも別途承ります

 

  ◆場所◆  中国上海市内  

 

  ◆こんな方は是非!◆

 

        カラータイプの今後の発展に積極的にご協力いただける方

        上海の街の市場調査をしたい方

        中国ビジネスに興味がある方

 

  ◆その他◆ 料金、参加人数、募集などの詳細は後日発表

 

 

  「面白そう!」と思った方は、

  今すぐスケジュール帳で日付を押さえてくださいね♪

 

 

 

       ■□■ 各種講座のご案内 ■□■

 

 

 

  ■「カラータイプアドバイザー認定講座」

  

  楽しく4タイプの価値観を知るワーク型の基本講座です。

  たったの4時間で、4タイプの概要を知ることができるお得な入門講座。

  カラータイプアドバイザーの認定証の授与もあり、さらに魅力です。  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04srvu0wj6uryzgyh8se

 

 

  ■8時間で習得!

    忙しいビジネスマンのための超実践的カラービジネス講座

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04ssvu0wj6uryzgyhLS5

 

 

       ■□■  ブログ好評です! ■□■

 

 

 

  『ビジネスにカラーを!色彩舎河野万里子のブログ』  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04stvu0wj6uryzgyhSQH

 

  『色彩舎住宅カラーチーム★のブログ』はこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04suvu0wj6uryzgyhxad

 

  『カラータイプインストラクターのお喋りカフェ♪』

  (名前が変わりました)

  ★カラータイプインストラクター協会のブログはこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04svvu0wj6uryzgyhwiV

 

 

 

       ■□■ サイトはこちらです ■□■

 

 

  色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04swvu0wj6uryzgyhNa0

 

  カラータイプインストラクター協会 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04sxvu0wj6uryzgyhlt7

 

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 info@shikisaisha.jp までお願い致します。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b04syvu0wj6uryzgyhLxf

 □連絡先

  TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================