色彩舎メルマガ 『高齢者向け住宅の色彩』

  色彩舎メールマガジン                     2012/03/31  208号

 ====================================================================

 河野万里子率いるカラーインストラクターがそれぞれの分野で

 カラーの仕事への活かし方をお伝えします。

 色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08itju0wjmy4jf3xdnhd

 カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08iuju0wjmy4jf3xdQpg 

 ====================================================================

 

 

 ━MENU━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ●カラービジネスコラム

       『高齢者向け住宅の色彩』

 ●河野万里子編集後記

 ●色彩舎開催講座のご案内

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

           『高齢者向け住宅の色彩』

 

 

 

  みなさん、こんにちは。

 

  色の力で「この部屋に決めた!」と言わせる、

  色彩舎住宅カラーチームの川瀬一栄(かわせ いちえ)です。

 

 

 

  神戸は、ようやくサクラのつぼみがふくらみ、

  遅い春の訪れを感じる今日この頃です。

 

  いよいよ4月。

 

  新生活をスタートする方も多いのではないでしょうか?

 

  あたたかい陽射しと色とりどりに咲き誇る花が、背中を後押ししてくれますね。

 

 

 

  新生活といえば、一人暮らし。

 

 

  最近は若者だけに限らず、シニア世代の一人暮らしも増えていて、

  その受け皿となる住居の充実も望まれるところです。

 

  実際に介護付きマンションなども増えてきていますね。

 

 

 

  ところで、いわゆる高齢者向け住居。

 

  通常のマンションと変わらないオシャレな住環境に目がいきますが、

  実際に住む方やヘルパーさんなど、現場の声を聞くと

  オシャレなだけでは危険な場合もあるようです。

 

 

 

  その理由は『色』。

 

 

 

  人の眼は加齢とともに、色の見え方が変わると言われます。

 

 

  いわゆる『老眼』は、

  眼の中の水晶体が硬化し距離調整能力が落ちた結果ですし、

  同じく水晶体が長年にわたり紫外線を吸収した結果、

  中心部が白く濁り『白内障』がおこります。

 

  また、年齢を重ねると水晶体自体も黄褐色化して、光の通過量が減り、

  黄褐色のフィルターを通して見るように、青色の光が通過しにくくなります。

 

 

 

  では、そんな高齢者のものの見え方はどうなっているのでしょうか?

 

 

  例えば、白内障が進むと、

  全体がスリガラスを通したようにぼんやりとかすんで見えます。

 

  この状態では、色の境界が認識しずらくなり、

  階段などの段差に気づきにくくなります。

 

  また、水晶体が黄褐色化した結果、

  青色は判別しにくくなり、全体が暗く見えてくるのです。

 

 

 

  オシャレな住環境というのは、派手な色使いも少なく、

  シックで落ち着いた空間であることが多く、色のコントラストは強くありません。

 

  また、間接照明で、部屋全体が暗めの場合もあるでしょう。

 

 

  その結果、段差に気づかず転倒してしまう階段や

  どこに取っ手があるのかわかりづらいドア、といったインテリアが

  高齢者にとっては危険な住環境となってしまうのです。

 

 

  高齢者にとって、危険な住環境とならないためにも

 

  ・明るい色使いや明度差をつけた配色を選ぶ

  ・暗い色と青色系を組み合わせた配色を避ける

 

  など、色彩学の観点から高齢者住宅の色彩計画を行う必要があるといえます。

 

 

 

  住宅カラーを扱う一人として、今後、さらに進む高齢化社会に向け、

  色彩のユニバーサルデザイン化(=カラーユニバーサルデザイン)を

  進めていく使命を感じています。

 

 

  『色彩舎住宅カラーチーム★のブログ』はこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08ivju0wjmy4jf3xdnJq 

 

 

 

  ==============================

  【河野万里子編集後記】

 

  住まいには心地の良さを感じる色以外に、

  機能的な色の役割というのもとても大切です。

 

  明日からいよいよ4月。

 

  気持ちも新たに、インテリアでも気分を変えたいところ。

  今気になる「オレンジ」でキッチンまわりを固めたら

  楽しい気分で、お料理の腕も上がりそうです♪

 

 

  ★カラータイプ診断の説明会in上海

  

  日程決定:4月20日(金)21日(土)

  場所  :上海市内  

  上海在住の方へのメッセージはこちらのブログでどうぞ!

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08iwju0wjmy4jf3xdSI8  

 

 

  今回のメルマガはいかがでしたか?

  ご感想いただければ嬉しいです!info@shikisaisha.jp  

  ==============================

 

 

 

  ■住宅カラー関連の講座&セミナーはこちら■

 

  ◆大家さん必見!色で変わるマンションリフォーム 

  ビフォーアフター実例セミナー

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08ixju0wjmy4jf3xdYDS

 

  ◆空室解消!マンションカラーリフォーム術 2日集中講座 

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08iyju0wjmy4jf3xdMRV

 

 

 

  ■8時間で習得!

    忙しいビジネスマンのための超実践的カラービジネス講座

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08izju0wjmy4jf3xdLGw 

 

  ◆『 カラーで魅せる企画書・提案書 パワーポイント作成術 2日集中講座 』

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i0ju0wjmy4jf3ydg1C 

 

  ◆『 個人事業主向け 思いが伝わる!ブログカラーをマスター 2日集中講座 』

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i1ju0wjmy4jf3ydPAq

 

 

 

       ■□■  ブログ好評です! ■□■

 

 

 

  『ビジネスにカラーを!色彩舎河野万里子のブログ』  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i2ju0wjmy4jf3yd54T

 

  『色彩舎住宅カラーチーム★のブログ』はこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i3ju0wjmy4jf3ydJvC 

 

  『「カラータイプ」で個性も未来も、色でキャッチ!』

  ★カラータイプインストラクター協会のブログはこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i4ju0wjmy4jf3ydakZ

 

 

 

       ■□■ サイトはこちらです ■□■

 

 

  色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i5ju0wjmy4jf3yd7bW

 

  カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i6ju0wjmy4jf3ydSvO 

 

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i7ju0wjmy4jf3ydsvA

  こちらから、お願いいたします。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b08i8ju0wjmy4jf3yd4l6

 □連絡先

  TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================