色彩舎『 カラータイプインストラクター2級認定講座体験記(前編) 』

  色彩舎メールマガジン                     2012/03/02  204号

 ====================================================================

 河野万里子率いるカラーインストラクターがそれぞれの分野で

 カラーの仕事への活かし方をお伝えします。

 色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t39fu0wj0s568w6o9iE

 カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3afu0wj0s568w6ojRA 

 ====================================================================

 

 

 ━MENU━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ●カラービジネスコラム

       『 カラータイプインストラクター2級認定講座体験記(前編) 』

 ●河野万里子編集後記

 ●色彩舎 開催講座のご案内

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

  『 カラータイプインストラクター2級認定講座体験記(前編) 』

                        

                 本部インストラクター  青柳 彩子

 

 

  みなさんこんにちは。

  資格取得のエキスパート、本部インストラクターの青柳彩子です。

 

  あっという間に3月。

  年度末は何かと慌ただしい時期ですが、

  みなさまはいかがお過ごしですか。

 

  新年度を前に、何か新しいことを始めよう!

  という気分になる方も多いのではないでしょうか?

 

 

  私はいつも新年を迎える時や新年度が始まる時期は、

  何か始めようかなとソワソワ、ワクワクしてしまいます。

 

  自称資格取得のエキスパートは、資格の勉強をスタートする前の

  ワクワク感がたまりません(笑)

 

 

  最近のワクワク体験はというと、

  「カラータイプインストラクター2級認定講座」です。

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3bfu0wj0s568w6ofzw

 

 

 

  カラータイプの入門講座である

  「カラータイプアドバイザー認定講座」を受けると、

  自分のタイプが分かり、自分にない価値観を知ることができます。

 

  初対面の方でも「この人はこのタイプなんだろうな」

  という予測もつくようになりました。

 

  2週間前の久保講師のメルマガでもそんなお話がありましたよね。

 

  でも、アドバイザー認定講座を受講済の方ならご存知の通り、

  4タイプを知るだけではちょっと物足りない。

 

 

  自分のタイプは分かったけれど、

  3つのタイプの得点が高い複合タイプはどう解釈できるのかな?

  タイプ別に合った指導法はどんなのかな?

 

  というようにもっともっと詳しいことを聞きたくなってくるんです。

 

 

  ・自分のことをより深く知りたい

  ・講師としての幅を広げたい

 

  私の場合、この2つの欲求が

  カラータイプインストラクター2級認定講座を

  受講する動機となりました。

 

 

 

  カラータイプインストラクター2級認定講座は、

  3回合計14時間の講座です。

  カラータイプ診断法を学び、ビジネスへの活用や

  ご自身のステップアップに活用できます。

 

  インストラクター2級認定講師は、

  「カラータイプアドバイザー認定講座」の独自開催も可能です。

 

  講師としての幅を広げるという意味でも、

  「カラータイプインストラクター2級」の称号は使えます。

 

 

 

  ワクワクドキドキの講座初日。

  再びカラータイプ診断を行って、より細かい分類法を学びました。

 

  そして早速ワークを通して実践です。

 

  例えば、

  「あなたはこんなタイプで、こんな色に憧れがあるから、

  憧れを叶えるにはこの色の服を身につけてみましょう。」

 

  といった風に、とっても粗いアドバイスを

  しどろもどろで行います。

 

  アドバイスを行うこと、

  知識をアウトプットすることの難しさを痛感です。

 

  果たして3回の授業を終えて

  人にレクチャーできるまでになるのだろうか?

 

  初回講座の段階では自信なんて持てませんでした。

 

 

 

  こんなことを書くと、とてもレベルの高い講座のようですが、

  授業はほんと~に楽しいです!!(断言)

  ずっとおしゃべりという感じです。

 

  初めての授業の感想は、

  「なんだか女子会のようなノリだったなあ」でした。

  (受講生が全員女性だったということもあって)

 

  小難しい話は一切なし。

  基本「人」についての話なので、どれも興味が持てますし、

  実感として納得できることばかり。

 

  受講生同士のタイプも分かっているので、

  それだけで心が許せるのか、自然と深い話もしてしまいます。

  恋愛トークまで出てきました!

 

 

  タイプが違う方と一緒に受講できると、

  自分では想像もしない発想を聞くことができるので、

  いい人生勉強の場にもなりました。

 

 

  3回講座でどこまで成長できるでしょうか。

  続きは次回担当のメルマガでご報告いたします!

 

 

 

 

  ==============================

  【河野万里子編集後記】

 

  今回の青柳彩子さんの講座を担当したのは私でした。

 

  自分のことを深く知り、また違うタイプの人との

  コミュニケーション術を知ることができる

  カラータイプの講座は、毎回楽しさいっぱいの講座になります。

 

  講師陣が実は一番楽しんでいるかも知れません(笑)

 

  このカラータイプの輪、全国で展開中です!

   

 

  今回のメルマガはいかがでしたか?

  ご感想いただければ嬉しいです!info@shikisaisha.jp  

  ==============================

 

 

 

    ■□■ カラータイプ各種講座のご案内 ■□■

 

 

 

  ■「カラータイプアドバイザー認定講座」

  

  楽しく4タイプの価値観を知るワーク型の基本講座です。

  たったの4時間で、4タイプの概要を知ることができるお得な入門講座。

  カラータイプアドバイザーの認定証の授与もあり、さらに魅力です。  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3cfu0wj0s568w6o09T

 

 

 

  ■全国で開催される講座はこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3dfu0wj0s568w6o8N8

 

 

  

  ■全国で活躍するインストラクター紹介はこちら

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3efu0wj0s568w6oECa

 

 

 

       ■□■  ブログ好評です! ■□■

 

 

 

  『ビジネスにカラーを!色彩舎河野万里子のブログ』  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3ffu0wj0s568w6oyih

 

  『色彩舎住宅カラーチーム★のブログ』

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3gfu0wj0s568w6owSU 

 

  『「カラータイプ」で個性も未来も、色でキャッチ!』

  ★カラータイプインストラクター協会のブログはこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3hfu0wj0s568w6o6Ad

 

 

 

       ■□■ サイトはこちらです ■□■

 

 

  色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3ifu0wj0s568w6o4jN

 

  カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3jfu0wj0s568w6o9Kq 

 

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3kfu0wj0s568w6opTR

  こちらから、お願いいたします。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0t3lfu0wj0s568w6oTT6

 □連絡先

  TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================