色彩舎メルマガ 『 子どもの心は色が語る 』

  色彩舎メールマガジン                     2012/01/27  199号

 ====================================================================

 河野万里子率いるカラーインストラクターがそれぞれの分野で

 カラーの仕事への活かし方をお伝えします。

 色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n85tt0vjinmf7dvcDKg

 カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n86tt0vjinmf7dvcjm2 

 ====================================================================

 

 

 ━MENU━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ●カラービジネスコラム

       『 子どもの心は色が語る 』

 ●河野万里子編集後記

 ●カラータイプ 開催講座のご案内

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

  

 

          『 子どもの心は色が語る 』

                 

         

                本部インストラクター  青柳 彩子

 

 

  みなさんこんにちは。

  資格取得のエキスパート、本部インストラクターの青柳彩子です。

  2012年私のメルマガはこれが第1号です。

 

  年が明けて1ヶ月近くたちますが、

  2012年第1号ということで、今年の私の目標を・・。

 

 

  今年は、

  「指導」×「カラータイプ」の強化 です。

 

    (注:カラータイプインストラクター協会は色彩舎代表の河野万里子が

    色彩心理を元に開発した性格診断システムの協会です。

    http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n87tt0vjinmf7dvcdeX)

 

 

  色彩舎では、色彩検定対策の講師や

  A・F・T認定講師を目指す方へ「模擬発表」の指導をしたりしていますが、

  その傍ら、実はそろばんの講師としても活動しています。

 

 

  人に教える仕事をしていると常々感じることがあります。

 

  「相手のカラータイプが分かると、その人に合った教え方ができるし、

  自分もストレスが減るな。」と。

 

 

  そろばんの生徒さんにカラータイプ診断を

  行っているわけではありませんが、

  毎月ちょこっと色ぬりをしてもらっているので、

  彼らが使う色、好む色からカラータイプが推測できます。

 

  そして、口には出さないけれど心の底で感じていることを

  ぬりえから垣間見ることができるのです。

 

  今回は、子どもたちが使う色から見えてくる

  心模様をご紹介したいと思います。

 

 

  ―――――――――――――――――――――――

 

  基本的に小学生の子どもたちのぬりえは本当にカラフルです。

  虹色にぬったり、絵を描いたり、綺麗な色1色でぬったり。

 

  明るい、楽しい、力いっぱい、優しい・・

  そんなイメージを連想させます。

 

  そろばんを楽しんでくれているのかな?

  日常生活も充実しているのかな?

  と察しがつきます。

 

 

  黒い色はほとんど見ません。

  あえて黒い色を使っている時は、

  黒を使って心をデトックスさせているような

  そんな雰囲気です。

 

 

  気分が落ち着かなかったり、

  イライラっとしている時は、

  ぐちゃぐちゃにぬりつぶしてしまいます。

  色は赤系統~茶色を多用。

  心のモヤモヤを発散!という感じです。

 

 

  「級が上がらなくて残念だった」「難しかった」

  というちょっと辛い気分の時は、色もブルー。

  全部ぬりつぶさず、余白も出てきます。

 

 

  数名ですが、こんな例もありました。

  週2回のそろばん塾ですが、他の習い事が増え週1回の通学に

  変わった直後、色のぬり方が劇的に変化しました。

 

  まず、色みがなくなりました。

  それまでの鮮やかな色づかいがなくなり、

  くすんだ色を使い、筆圧が薄くなりました。

 

  そして、枠に合わせてぬらず、

  はみ出したり全部ぬらなかったり。

  今までのぬりえと比べると、中途半端な完成度です。

 

  さまざまな所で集中力を使っているので、

  少しエネルギーがダウンしているのでしょうか。

  お疲れモードを感じました。

 

 

  ―――――――――――――――――――――――

 

  こんな風に子どもたちのぬりえは、今の気持ちが如実に表れます。

  これを指導に反映させない手はないな、というのが率直な感想です。

 

  個々の状況を理解して指導法を変えていく。

  まさにカラータイプメソッドの得意とするところでしょう。

 

  私自身、指導についてもカラータイプについても

  まだまだ勉強段階です。

 

  ですので、

  「カラータイプを使って指導法をバージョンアップさせていく」

  ことを今年の目標に掲げました。

 

  色彩舎の講座でも、あなたのカラータイプに合った指導を

  行っていきますね!

 

 

  <<青柳彩子講師の講座はこちら>>

 

 

  ★★A・F・T認定講師を目指す方必見!★★

 

  AFT認定講師を目指す方は今すぐお申し込みを!!

 

  ■最難関「A・F・T認定色彩講師」1日集中「模擬発表」強化講座

       http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n88tt0vjinmf7dvcP9y

   資格のエキスパートが徹底指導!  

   AFT認定講師が教える 

   指導の「コツ」と「ポイント」を実践でマスター

 

   AFT認定講師であり東商1級カラーコーディネーターでもある

   青柳彩子が、資格取得のコツと指導のポイントをお教えします。

 

 

 

  ==============================

  【河野万里子編集後記】

 

  毎月1回のペースでカラータイプ研究会を開催しています。

 

  その中で、東京のインストラクターさんが、東北でカラーセラピーに

  行かれた時の写真を持ってきてくださいました。

 

  小学生たちが1回目訪問の時よりも、2回目訪問の時の方が

  はるかに、カラフルで明るい色で絵を描いています。

 

  「力強く生きる力」「生き抜くパワー」を感じます。

 

  

  これから、もっともっと明るい色が増えることを願います。

 

  今回のメルマガはいかがでしたか?

  ご感想いただければ嬉しいです!info@shikisaisha.jp  

  ==============================

 

 

 

    ■□■ カラータイプ各種講座のご案内 ■□■

 

 

 

  ■「カラータイプアドバイザー認定講座」

  

  楽しく4タイプの価値観を知るワーク型の基本講座です。

  たったの4時間で、4タイプの概要を知ることができるお得な入門講座。

  カラータイプアドバイザーの認定証の授与もあり、さらに魅力です。  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n89tt0vjinmf7dvc4Mz

 

 

 

  ■全国で開催される講座はこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8att0vjinmf7dvcVDS

 

 

  

  ■全国で活躍するインストラクター紹介はこちら

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8btt0vjinmf7dvcKSK

 

 

 

       ■□■  ブログ好評です! ■□■

 

 

 

  『ビジネスにカラーを!色彩舎河野万里子のブログ』  

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8ctt0vjinmf7dvc6vL

 

  『色彩舎住宅カラーチーム★のブログ』

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8dtt0vjinmf7dvct4Y 

 

  『「カラータイプ」で個性も未来も、色でキャッチ!』

  ★カラータイプインストラクター協会のブログはこちら

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8ett0vjinmf7dvcvX2

 

 

 

       ■□■ サイトはこちらです ■□■

 

 

  色彩舎サイト http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8ftt0vjinmf7dvctWn

 

  カラータイプインストラクター協会 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8gtt0vjinmf7dvchOL 

 

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8htt0vjinmf7dvcaIz

  こちらから、お願いいたします。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/b0n8itt0vjinmf7dvcLer

 □連絡先

  TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================