色彩舎メルマガ 『カラーのお仕事ヒストリー』

 色彩舎メールマガジン                              2010/03/21 158号

 ====================================================================

 [はじめに]

 こんにちは。色彩舎です。

 マナーとしての色彩学から、自己演出法、トレンド情報まで使える

 色情報をお届けいたします。

 ====================================================================

 

 

 

          『 カラーのお仕事ヒストリー 』

 

                             河野 万里子

 

 

 

  こんにちは。河野万里子です。

 

 

  皆様、随分と暖かくなりましたがいかがお過ごしですか?

 

 

  もうすぐ4月。スタートの月ですね。

 

  色彩舎でも様々な講座が4月から一斉にスタートしますよ。

 

 

  その中でよく、カラーの仕事で何を目指したらいいのかわからない、という話を

 

  お聞きしますので、ここで改めて私自身の色彩の仕事を振り返ってみますね。

 

  どのような順番で、何を修得して今日に至ったかを検証していきます。

 

 

  

  その1:『カラーアナリスト』になる。

 

 

 

    元々カラーの仕事でしたかったことは、

    優雅で華やかでオシャレな『カラーアナリスト』の仕事でした。

 

    たくさんのドレープ(色布)をお客様の顔の下にあてて、似合う色を

    診断していくその姿は、私にとってずっと憧れだったのです。

 

    1年間みっちりと「パーソナルカラー」と「イメージコンサルティング」を

    勉強した後は、自宅やレストランのイベントなどでカラーアナリストとして

    お仕事を開始しました。

 

 

  

  その2:『検定講師』になる。

 

 

 

    その後、同業のカラーコーディネーターさんから色彩検定講師を依頼されました。

 

    色彩の仕事という意味ではとても嬉しかったのですが、その時の私は

    『検定講師』という資格修得のための講師というのはちょっと違和感があったのです。

    

    何だかお勉強ばかりで真面目過ぎておもしろくなさそう、という先入観がありました。

 

    「絶対に自分に向いていない」とも思っていました。

 

    そしてフタを開けると・・・

 

    結果、それはそれは大変でしたが、お仕事としてはとても向いていました(笑)。

 

    とにかく毎日必死で講座の内容準備をしましたね。

 

    当時はインターネットでわからない語句を検索する、という習慣がなかったので

    暇があれば、本屋さんの色彩学コーナーでちょっとでも使えそうな参考書や

    問題集を片っ端から買い漁りました。

 

    そして解説が難しい箇所を「色覚説はこの参考書」「オストワルトの説明にはこの参考書」

    というように本の味方をたくさんつけていったのです。

 

    そして、気がつけば色彩検定の1級2次問題集を制作するまでになっていました。

    http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxhlv0lgqitba9sw

 

    何事も突き進む性格はこの時にも発揮されていましたね(笑)。

 

    向いていないと思っていた仕事が実は結構向いていた、という意外な発見です。

 

    そしてこの経験が、企業研修などで理論的に色彩学を語れるスキルになっていきました。

 

 

 

  その3:『色彩コンサルタント』になる。

 

 

  

    検定講師で大学などに通うようになった頃、ホームページから

    「携帯ショップの売り場づくりに協力できるカラーコーディネーターを探している」

    というメールが入ります。

 

    それをきっかけに、企業研修がスタートし、売り場づくりで具体的に

    色彩の効果で商品を魅力的に見せる、情報をわかりやすく伝えるPOP配色などを

    指導していきました。

 

    実際の店舗のカラー監修と言うのは、色の指導だけにとどまりません。

 

    レストランでは、具体的なメニューづくりを指導

 

    ショップでは、ターゲットに合ったチラシ制作案(文字のフォントや写真の選び方など)

 

    いわゆるマーケティングや女性ならではの視点も加味されたコンサルティングと

    なります。

 

    そしてこの時、実際の仕事の現場では

 

   「ふさわしい色と選ばれる色が必ずしも一致する訳ではない」ということに気づかされます。

 

    色を決定する時、その人の嗜好やこだわりが必ず反映されていくのです。

 

 

 

  その4:『カラータイプインストラクター協会会長』になる。

 

 

 

    色彩の仕事をしていくと、今度は目に見える色だけではなく、

    内面の目に見えない心と色の関係に気づくようになってきました。

 

    その人の行動パターンと色の嗜好がある程度ルールづけできるのではないかと

    仕事をしながら日々強く感じるようになっていったのです。

 

    もともと色彩心理という確立された学問がある中で、それをもっと使いやすい

    ツールにできないか、と考えてできたのが13の色の分布図(カラータイプマップ)です。

 

    そこから、色彩心理を元にした性格診断の『カラータイプノート』の完成と

    なりました。

    http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxilv0lgqitba9sw

 

 

 

  今、仕事を振り返ってみると、目の前にあるチャンスに一生懸命取り組むと

  次のチャンスが訪れているように感じます。

 

  ご自身の適性にあれこれ悩む方も多いと思いますが、

  あまり深く考えずに、まずは行動してみることが大切かもしれませんね。   

 

 

  =============================

  【後記】

  先週の土日に1泊2日で、高知まで行って来ました。

  NHKの『龍馬伝』で高知駅前は観光客がたくさん!

  でもせっかくなので、足を伸ばして四万十川や足摺岬まで行って来ました。  

  特に足摺岬のダイナミックな自然が圧巻で感動です!

  =============================

 

  

  ◆◆◆ 上記メルマガ関連講座 ◆◆◆ 

    

   <パーソナルカラー関係>

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxjlv0lgqitba9sw

 

   <検定&セミナー講師・色彩コンサルタント>

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxklv0lgqitba9sw

 

   <カラータイプ関係>

   http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxllv0lgqitba9sw

 

 

  ◆◆色彩舎スクール無料説明会のお知らせ◆◆

 

 

  カラースクールで何から勉強していいかわからないという方 

  講座内容の詳細をもっと知りたいという方へ

 

  下記の日程でスクール説明会を開催いたします。

 

  1、 3月27日(土)15:00~16:30  

  2、 4月 1日(木)14:00~15:30

  3、 4月 1日(木)19:00~20:30

 

  お申し込みはこちらから

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxmlv0lgqitba9sw

 

  「スクール説明会希望」とご明記の上、ご希望の日時をご指定ください。

 

  それでは皆様のご参加お待ちしています。

 

 

  ◆◆大阪以外の他地域での講座開催予定◆◆

 

 

  カラータイプインストラクター認定講座は姫路・東京会場でも開講予定です。

  3月開催はこちらよりスケジュールをご確認ください。

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxnlv0lgqitba9sw   

 

 

  ◆ 『カラービジネスNaviブログ』 ◆

 

  好評です。講師ブログ!

    http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxolv0lgqitba9sw

 

  色彩舎のビジネスサイト「カラービジネスNavi」のブログ更新中です。

  6人の講師ブロガーが日替わりで書いています。

  ぜひ、覗きに来てくださいね!

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 mailto:info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  一生懸命読ませていただいて、出来るだけお返事いたします。

 メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxplv0lgqitba9sw

 こちらから、お願いいたします。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/90cxqlv0lgqitba9sw

 □連絡先

 TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================