色彩舎メルマガ 『カラーとマンションの空室対策』

 色彩舎メールマガジン                              2009/12/21 149号

 ====================================================================

 [はじめに]

 こんにちは。色彩舎です。

 マナーとしての色彩学から、自己演出法、トレンド情報まで使える

 色情報をお届けいたします。

 ====================================================================

 

 

 

         『カラーとマンションの空室対策』

                           

                               河野万里子

 

 

 

 皆さん、こんにちは。 河野万里子です。

 

 

 今年も残りわずかとなりましたね。

 

 皆さんは誰とどんなクリスマスを迎えられるのでしょうか。

 

 

 さて、私ですがここのところ講座での講師業よりも外でのコンサルティング業が

 続いています。

 

 

 今月に入ってから、

 

 

  兵庫県姫路市で賃貸マンションのカラー監修

 

  兵庫県西宮市のタイ料理店にて店内イメージとメニューのコンサルティング

 

  同じく西宮市のインド料理店にて、客単価をあげるための

  店内カラー監修と改善策の提案

 

 

 に行って来ました。

 

 

 その中で、賃貸マンションについては空室マンションの現状把握が目的でした。

 それを配色面も含めて問題はどこにあるのか、何か対策法はあるのかということを

 考えていきます。

 

 

 視察した賃貸マンション5棟の現状は、

 

  

 1棟のみ、入居率90%。

 

 しかし残りの4棟は入居率50%。

 部屋の半分が空き家という深刻な状況です。

 

 郵便ポストに「空室につき投函はご遠慮ください」の文字が貼られているのが

 何とも淋しい気持ちになります。

 

 そしてこの現状を、何とか知恵を絞って入居率をあげられないかというのが

 今回のご依頼内容です。

 

 具体的な配色提案というよりも、新しいアイデアや企画、提案などを

 切望されているのです。

 

 

 ちなみに、空室がでるマンション、入居率が低いマンションというのは

 私たち色彩のプロから見ると配色ですぐにわかります。

 

 

 入居率の低いマンションの代表的な配色の特徴は次の3点

 

 

 ①真っ白すぎて、全くメリハリのない寒々しい外観のマンション

 

 

  ⇒ 都会的でおしゃれだと思って白い外観にされたんだろうとは想像できます。

    でも白という色は、緊張感や近づきがたい色でもあるのです。

    これが都会のビル群の中にあれば、まわりに溶け込んで特に問題ないのですが、    昔ながらの木造住宅が並ぶ町並みや、まわりに何もない田んぼのど真ん中に

    真っ白なマンションというのは、非常に違和感のある寒々しい印象を与えて

    しまいます。

    白の持つ冷たく孤独で感情のないマンションに見えてしまうのです。

 

    そういうマンションにあまり住みたいとは思いませんね。

 

 

 ②派手な色×凝り過ぎたデザインの外観のマンション

 

 

  ⇒ いろいろと頑張ってしまった感のあるマンションのことです。

 

    その時代のトレンドカラーやデザインというのは確かにあります。

    しかし、トレンドというのは時代が過ぎれば古くなってしまい

    オシャレどころかとても陳腐な感じがしてしまうのは否めません。

    マンションというのはすぐに取り替えることが出来るファッションとは

    違うのです。

 

    何十年も飽きられない配色を外観で考えるというのが基本です。

    色でいうとベージュやアイボリー、ブラウン、グレーなどを中心として

    つくる配色のことです。

 

    私は派手な色(鮮やかな黄色、オレンジ、緑、青など)を広い面積で

    外壁に使用するのは、基本的におすすめしません。

 

    派手な色というのは飽きやすさにつながります。

    また凝ったデザインも時代が変わると飽きられます。

 

    その飽きられる要素を2つも持つマンションというのは

    つくった時が一番良くて、その後どんどんと飽きられていき、

    その後リニューアルが必要になったときには大きな予算をかけざるを

    得ない状況になります。

 

    また住人の立場からしても、なんだかオーナーさんのエゴを

    押し付けられている気がして、本来感じたい「誠実さ」や「思いやり」

    「安心」「安全」のキーワードが感じにくいのです。

 

 

 ③外観にだけ色やイメージをこだわって、内装にはいかにも手を抜いたと

  わかってしまうマンション

 

 

  ⇒ こういうマンション、本当に多いです。

 

    外から見るとちょっとオシャレな女性をイメージした、

    少しくすんだピンクを基調とした外観。

    色も派手すぎず、これならファミリーでもいけそう、と思って 

    部屋に入ると・・・。

 

    そこには全くオシャレではない空間が広がっています。

 

    安っぽい黄土色の床板に、何の工夫もないのっぺりとした白の壁、

    そしてそこをつなぐ幅木がこげ茶で変な自己主張をしている。

    そしてキッチンのシンクがまたまたこげ茶。その暗くて古いイメージは

    楽しくお料理をする気分になれません。

 

    外観は頑張ってオシャレに振舞っているのに、部屋の中に入ると急に

    庶民的な空間になっている・・・。

 

    こういうミスマッチを特に女性は嫌がります。

 

    高級マンションにはそのグレードにあった内装のセンスと質のいい小物を。

    庶民的な町にあるマンションは、明るさや親しみやすさを感じさせる

    明るい空間と少しの遊び心を。

 

    そういうイメージの一致。

 

    ここは手を抜かず、しっかりとターゲットと地域特性と価格帯などを

    考慮して、イメージの一致を徹底してください。

 

    それがそのマンションのコンセプトになり、

    そのコンセプトがあると、そのあと塗り替えがあっても配色イメージが

    崩れていくことは少なくなるでしょう。

 

 

 私自身は、景観美化の観点からもマンションカラーを提案していくので

 派手なびっくりするような配色提案はいたしません。

 

 赤か青で悩む配色提案ではなくて、ベージュはベージュでも少し赤みにするか

 少し黄みにするかの微差をしっかりと検討するカラー監修です。

 

 そして色は、取替え可能なカーテンや、クッション、小物などのインテリアで、

 住む方の個性や遊び心を取り入れるを基本の考えとしています。

 

 

 でもそういう考え、女性たちにとても共感を得ています。

 

 

 他の色彩コンサルタントたちもこぞって「住まいの配色はやさしくあって欲しい」と

 言います。

 

 「家はくつろぐところだ」と。

 

 

 色彩心理を使ったカラータイプで顧客特性を分析した

 マーケティング法を来年の早い段階で発表できると思います。

 

 このシステムで、顧客の行動パターン、嗜好、地域特性にぴったりと合った

 マンションカラーというものを提案できます。

 

 

 マンションの色選びに悩む大家さんたちのお力になれることでしょう。

 

 

 

 ==============================================================

 【コラム後記】

 

 先日大阪梅田のオイスターバーに行きました。

 おいしいもの大好きな私ですが、生まれて初めてと言っても過言では

 ないくらいおいしいカキのガーリックバター焼きとカキフライに大感激!

 あ~、生きていて良かった!

 今店舗カラー監修に行っているタイ料理やインド料理でもメニュー

 を見ながら、いつも胃が刺激されています(笑)

 

 ==============================================================

 

 <<クリスマス企画>>

 

 ●リーガロイヤル 河野万里子のセンスアップ連続セミナー

 

 第1回 「似合う色が見つかる」

 ~クリスマスイベントにも使って欲しい '

  09&'10 冬のファッショントレンドをご紹介!~ 

 

 ◇日時 12月22日(火)19:00~20:30

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028pcz03fnars3tqo

 

 *当日まで受付中です!

 

 

 <<色彩コンサルタントになりたい方へ>>

 

 ●本気でプロを目指す方限定!

  色彩コンサルタント養成講座

 

 今回ご紹介したマンションや店舗のカラー監修をする

 色彩コンサルタントになりたい方のための講座です。

 実際の仕事現場への同行機会があります。

 

 ◇日時 1月16日(土)スタート 計8回

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028qcz03fnars3tqo

 

 

 <<大人気!カラータイプ認定講座のお知らせ>>

 

 これは使えると大人気!セミナー開催者続出!!

 

 ◇アドバイザー(3級レベル)認定講座(一回講座)

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028rcz03fnars3tqo

 1月 4日(月) 

 1月13日(水)

 

 ◇カラータイプインストラクター2級認定講座(3回講座)

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028scz03fnars3tqo

 1月 6日(水)スタート

 1月17日(日)スタート

 

 

 <<お知らせ>>

 

 ●注目!「カラービジネスNavi」ブログ

 

 色彩舎のビジネスサイト「カラービジネスNavi」のブログを

 覗きに来てくださいね。毎日日替わりでカラー講師さんたちの日常や仕事の

 現場の話がきけますよ。

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028tcz03fnars3tqo

 

 ---------------------------------------------------------------

 

 色彩舎カラースクール開催スケージュールページ

 便利な日程別で見れるスクールスケジュールのページです。ご活用くださいね。

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028ucz03fnars3tqo

 

 ---------------------------------------------------------------

 

 来年1月10日(日)には見逃せない2つのイベントがあります。

 

 『カラービジネススタートアップセミナー 無料』

 

  色彩ビジネスの実際の現場が見える! 最新情報満載の無料セミナー

  最新情報がありますので、一度いらっしゃった方もどうぞ!

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028vcz03fnars3tqo

 

 『色彩 新年の交流・懇親会』

  色彩舎講師陣も参加します

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028wcz03fnars3tqo

 

 ====================================================================

 □発行元 株式会社 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 mailto:info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  一生懸命読ませていただいて、出来るだけお返事いたします。

 メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028xcz03fnars3tqo

 こちらから、お願いいたします。

 □色彩舎Webサイト

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/8028ycz03fnars3tqo

 □連絡先

 TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================