色彩舎メルマガ 『色彩コンサルタント養成講座 体験日記2』

 色彩舎メールマガジン 2008/11/26 105号

 ==============================================================

 [はじめに]

 こんにちは。色彩舎です。

 マナーとしての色彩学から、自己演出法、トレンド情報まで使える

 色情報をお届けいたします。

 ==============================================================

 

 

     「色彩コンサルタント養成講座 体験日記2」       

                    2008/11/26  上松 尚子

 

    

 みなさん、こんにちは!上松尚子です。

 すっかり秋も深まり、気がつけばもう12月は目の前!

 街はクリスマスイルミネーションがいよいよ登場し、一年で一番華やかで、

 一番忙しい時期に突入!という感じでしょうか。

 

 

 さてさて、いつものファッション情報メルマガに変わり、前回より実際に私、

 上松が今年の春から夏にかけて受講した色彩舎「色彩コンサルタント養成講

 座」体験記をお送りしています。

 

 

 第1回目は、私がコンサルタント養成講座を受講するまでのいきさつをお伝

 えしたのですが、読んでいただいたご感想はいかがでしたでしょう?

 

 

 今回の受講のきっかけとなった、色彩検定対策講師養成講座の仲間たちから

 は、確かにそうだったよね~、と一緒に懐かしんでくれる感想をもらったり

 しましたが、私の性分を良く知って頂いている方からは、

 

 

 「うえまっちゃん、ちょっと(文章が)長かったかな・・・」

 

 

 という、大変に率直でためになる感想をいただきました(笑)

 

 

 いやぁ、第1回ということで、ついつい調子に乗ってしまいましたね☆

 文章のボリュームには気をつけるとして、カラービジネスにご興味のある方

 にもない方にも、プロ講座講座って、こんなことしてるんですね~、と面白

 く感じていただければ嬉しいなと、思いながら、第2回もはりきって行きた

 いと思います!

 

 

 

 さてさて、突然ですが、皆さんはカラービジネスに限らず、『ビジネス』に

 おいて大切なこと、ってどんなことだと思われますか?

 

 

 求められるものは、職種やそれぞれのお立場で変わってくると思いますが、

 私たち講座受講生は、「色彩のプロ」である色彩コンサルタントをめざし、

 コンサルティングの現場で通用する配色提案、色の知識を学ぶと同時に、自

 分でビジネスを成立させることのできる人材になるために、ビジネスマナー

 やビジネススキルなども、この講座で学びました。

 

 

 その中でも、重点を置いて取り上げられたのが、自分のセールスポイントを

 知り、それをアピールした自分の「プロフィール」を作るということ。

 つまり、『自分の売り、強み』をはっきりとさせ、それを相手に訴えること

 で仕事がつながって行く。ビジネスにおいては、自分自身の強みを知ってお

 くことはとても大切なことなのです。

 

 

 この、自分自身の売り・強みのことを『USP』といいます。

 

 

 自分のUSPを追及するということは、オンリーワンで選ばれる、そのため

 の「ネタ」を見つけるという意味があります。ということ。その結果、ライ

 バルに負けないビジネススタイルの確立につながる。カラービジネスの世界

 のスタートラインにこれから、手探りながらも立とうとしている私たちにと

 って、それは最も重要で、そして先決のテーマでした。

 

 

 

 「ほー、なるほど!・・・で、私の強みって???」

 

 

 

 今、これを読んでくださった方の多くが、そんな感じではないでしょうか。

 自分自身の売りなんて、自分では考えてみたこともありません。そもそも、

 そんなもの持っているのかどうかも???

 

 

 

 少々やっかいなことにUSPは、なかなか自分では気づかないのです。

 なぜって、自分自身のことは当り前すぎて価値があると感じられないから。

 

 

 そこで、実際に講座ではどんな事をしたかというと、なんと第一回目の授業

 では、10人(この日は9人でしたが)の受講生を2つのグループに分け、各グ

 ループで一人づつについて、周りのメンバーが質問をしたり、話を聞いての

 感想や、その人の良いところを出し合いました!

 

 

 ちなみに、みんな初対面です(笑)

 

 

 事前に自己紹介をしてからではあるものの、出合って数時間しか経っていな

 い人から、いろいろと「私」についてのご意見、ご感想、アドバイスを頂く。

 生まれてはじめての経験でした(汗汗)

 

 

 また私も、同じグループの方に対して、感想言ったり、アドバイスをする。

 先生は、「より具体的に」そして直感的なものを重視して「リズムよく出し

 合いましょう!」とおっしゃっていましたが、最初はやはり、何を言ったら

 いいのか、初対面の方だし失礼にならないように、とか、いろいろ考えて口

 をつぐんでしまいました。

 

 

 ・・・・・でも、人間というのはおもしろいものです。

 

 

 時間が経っていくうちにだんだん、盛り上がってくるんですね(笑)

 特に、人のことは、気がつきやすいし、何とでも言える!

 

 

 私なんて勝手に「あなたはアイドルになったら、絶対いけますよ!」とかな

 んとか、今思えば、ほんとにごめんなさい!という感じなのですが(笑)

 

 

 自分の番になれば、人に聞かれる、そしてそれに答える。

 やり取りの中で、「私ってこんな風に考えてたんや」とか、「そういえば、

 これはすごい好き」「これは自信がある」「こう見えてるんや~」などなど

 

 

 かなり、ドキドキする作業ではありましたが、こうして、周りのメンバーに

 「自分自身に見えていない自分」を引き出してもらうことで、自分を知り、

 自分のよさに気づき、自分の目標に気づく。そして、オンリーワンを見つけ

 出すため、どんどん自分でさらに掘り下げていく。ビジネスを進める上で 

 「私」という土台を作る作業のように感じました。

 

 

 また、初対面でありながらも、第一回目からとても親身になって、話を聞い

 てくれ、意見をくれるメンバーの、みんなの意気込みや、熱心さを肌で感じ、

 同じ講座の受講生としてのチームワークが、この時にできたような気がしま

 す。

 

 

 集まったメンバーは、年齢も、住んでいる所も、色彩に関する経験もそれぞ

 れ異なりましたが、この時にお互いがお互いを理解しあうことができたこと

 は、その後、講座が進んでいく中で、私たちに起こる出来事をみんなで乗り

 越えるための大きな原動力になったのではないかと、今振り返ってみて、私

 はそう思います。

 

 

 その時はみんなで、笑って楽しく盛り上がっていただけで、その後に起こる

 ことなんて、まったく予想していなかったんですけどね!

 

 

 って、ちょっと大げさに聞こえますか??

 

 

 しかしです!これが大げさではないんですよ。

 何が起こったか、続きはまた後日ということで・・・☆

 

 

「あー、いよいよ本当に始まったんだ!」

 

 

 みんなに書いてもらった「私の良いところメモ」をたくさん貼った大きな模

 造紙を抱えて、カラービジネスの端っこをちょこっとだけ理解した気分にな

 り、やる気だけはぱんぱんに膨らんでいた私でした。

 

 

 (第3回に続く)

 

 

  ==============================================================

  【色彩コンサルタント養成講座 体験日記 後記】

  

  第2回目の色彩コンサルタント養成講座体験日記、いかがでしたで

  しょうか?先日、じつは講座の同窓会があり、久しぶりにみんなに

  会いました。その後、それぞれ頑張っている話を聞いて、まだまだ

  みんな発展途上である中で、個性を生かして活動している、USP

  をしっかりやっていると、ブレないなぁ、と思いました。

  白熱の同窓会とみんなのその後もまた、改めて!おもしろいです!

  

======================================================================

 

 【近日開催講座】

 

    

   (1)『五感」をフル活用する!カラー入門セミナー』

  ~きれいな色紙を使って発見がいっぱいの「色遊び」をしてみませんか?~

  楽しく、実感できる色彩心理のお話になります。日常生活に新しい発見が

  増えます。五感で体験する色の世界。

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj1kz0fd00be048g

 

   (2)『AFT色彩検定1級2次 直前1日集中講座&模擬テスト

                            2008冬期』

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj2kz0fd00be048g

 

 =================================================================

 

 【パーソナルカラー関連講座】

 

 ★あなたが素敵になるための講座

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj3kz0fd00be048g

 

 ★あなたがパーソナルカラーを修得するための講座

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj4kz0fd00be048g

 

 --------------------------------------------------------------------

 【配色テクニック関連講座】

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj5kz0fd00be048g

 

 --------------------------------------------------------------------

 【色彩心理関連講座】

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj6kz0fd00be048g

 

 --------------------------------------------------------------------

 【色彩検定関連講座】

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj7kz0fd00be048g

 

 --------------------------------------------------------------------

 【色彩プロ養成関連講座】

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj8kz0fd00be048g

 

  『色彩検定対策講師養成講座』

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vj9kz0fd00be048g

 

  『色彩コンサルタント養成講座』

  http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vjakz0fd00be048g

 

 ====================================================================

 

 <<インターン募集のおしらせ >>

 

 色彩舎では、インターンにより一緒にプロジェクトに参加していただける人を

 募集しています。

 色彩舎インターン制度にご同意できて、色彩が好きな方は、ご応募ください。 

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vjbkz0fd00be048g

 

 ==============================================================

 

 近日開催のセミナーがわかるWebページができました!

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vjckz0fd00be048g

 (グーグルカレンダーを使っているのですが、開くまで少し時間がかかります)

 ====================================================================

 

 

  ◆色彩のプロの方または、プロを目指している方  必見!!◆

 

 

 色彩心理 の 心理評価法 とは

 

 

 色彩検定1級を合格している人でも、ほとんどの方が理解していないといわれ

 るぐらい難解な部分です。

 

 

 それなのに!!  色をどう感じるかという色彩心理の根っこのところの

 

 根拠となっているのです。

 

 

 というわけで、とても重要わりに、知っている人がほとんどいないという

 

 色彩心理の実際の評価方法を解説します。

 

 『色彩心理の「?」を解決! 「心理的評価法」納得講座 』

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vjdkz0fd00be048g

 

 

 ====================================================================

 【編集後記】

 

 メールマガジンの読者が 3千人を超えました!!

 

 メールマガジンの読者数は1万人以上ぐらいが、メールマガジンとしては

 一人前(?)らしいのですが、色彩やカラーのジャンルのメールマガジンは

 あまり読者が多いのものは少ないらしく、3千人規模でも多い部類に入るそう

 です。

 

 とうわけで、おめでとう!! のメール カモン!! でござるよ。

 

 ====================================================================

 □発行元 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 mailto:info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  一生懸命読ませていただいて、出来るだけお返事いたします。

 メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

 http://k.d.cbz.jp/t/14vn/70vjekz0fd00be048g

 こちらから、お願いいたします。

 □連絡先

 TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ====================================================================