色彩舎メルマガ 『色彩ビジネスの現場 配色テクニック』 2006/11/21

 

 色彩舎メールマガジン              毎週火曜日発行

 ==============================================================

 [はじめに]

 こんにちは。色彩コンサルタントの河野万里子です。

 マナーとしての色彩学から、自己演出法、トレンド情報まで使える

 色情報をお届けいたします。http://www.shikisaisha.jp 

 ==============================================================

 

 

 

    『色彩ビジネスの現場とは 配色テクニック』 2006/11/21

 

 

 実際の仕事での、色彩の使われ方を今回はご説明したいと思います。

 

 今回は色彩をつかった企業向け研修を担当する場合を例にお話します。

 

 企業研修では業務を担当する皆さんに色の重要性を理解していただいて

 それを具体的に使う方法の一つとして配色テクニックをお伝えします。

 

 企業さんの担当者さんに、実際に業務に役に立つの配色テクニックを

 身につけていただこうというのが企業研修というわけです。

 

 ではその配色テクニックで大事なこととして、まずは簡単に色を分ける

 コツを知っていただくのが配色力を身につける早道です

 

 ちなみに、一般的な配色テクニックは約30パターン程度あるのですが

 その中でも、まずは誰にでもすぐに出来る色の分類方法から、その配色

 テクニックをご説明します。

 

 1.「無彩色」と「有彩色」に分ける

 

   無彩色とは黒、グレー、白のこと。

   赤や青と言った色みを持たない色です。

   もちろんライトグレーやダークグレーもこのグループ。

   無彩色は色みを持たないだけに明るさによって

   イメージが大きく変わってきます。

 

   黒は威厳があり、白は清潔感のある色。

   どちらかというとすっきりとした濁りの無い色との

   組み合わせが得意です。

 

   そしてグレーという色は自己主張が少ない分どんな色とも

   調和する名脇役。

 

   これらの無彩色は有彩色と組み合わせると有彩色が

   とても引き立ちます。

 

   かたや有彩色はそれぞれ固有の色みを持つため、

   配色次第でキレイに見えたり、汚く見えたりしてしまいます。

 

   それぞれの色と隣に来る色の相性というものがとても重要になります。

 

   一般的に難しいと思うのがピンクとオレンジの組み合わせ。

   優しいピンクと元気なオレンジが喧嘩してしまいます。

 

   また赤と紫も着物などの和装以外ではかなり難しい配色だと

   思います。ともするとくどくなってしまいます。

 

   反対に相性がいいのはオレンジと青。

   元気さと冷静さが組み合わさって男女ともに好かれる好感度の

   高い配色ですね。 

 

   無彩色だけの配色はかっこいい配色になる反面淋しい印象にも。

   有彩色は色数が増えれば増えるほどうるさくそれぞれの色の個性を

   相殺してしまいます。

 

   有彩色の個性を際立たせたいのならば無彩色との組み合わせが

   まずは基本と考えるといいでしょう。

 

 

 2.清色と濁色に分ける

 

   濁りのないすっきりした清色とくすんで渋いイメージの

   濁色。

 

   配色の初心者にはファッションでもチラシ配色でも

   清色は清色同士、濁色は濁色同士でまとめておく方が

   無難です。

 

   例えば、真っ白なシャツに合いやすいのは清色、

   ベージュに合うのは濁色です。

 

   人の好みも清色を好む人、濁色を好む人がいて

   前者ははっきりとした純色やモノトーンのコントラストのある

   配色を好むか、またはうすいデリケートなパステル配色を好み

   濁った色や暗い陰気な色を嫌う傾向があります。

 

   また濁色を好む人はカーキーやからし色、また同じ赤でも

   ルビーのような鮮やかな赤ではなく、レンガ色のような

   少しくすみのある色を好みます。

 

   傾向としてケバケバしさを嫌いナチュラルな感じを好みます。

 

 

 いかがでしたでしょうか?

 上記2つの分類方法からの配色テクニックです。

 シンプルですが、使いやすく、初めての方に解説しても分かりやすいです。

 

 活用してみてくださいね。

 

 ==============================================================

【コラム後記】

 今週から来週にかけて京都府下の大型スーパーや量販店を25店舗

 売り場の、色彩アドバイスのために訪問いたします。

 何かとなじみのある京都も知らない場所や行っていない場所がこんな

 にもあるんだなと改めて思います

 ==============================================================

 

 【お知らせ】

 

 ◇◆◇ セミナー案内 ◇◆◇

 

 【セミナー情報】

 

 ◆ファッション関連

  □パーソナルカラー関連講座

  『パーソナルカラーアナリスト体験講座 2006/11/26他』

  http://www.shikisaisha.jp/arc/personal_color/seminar/pt_060622.html

  『パーソナルカラー診断フォーシーズン修得 休日3日間集中講座 2007/1/6』

  http://www.shikisaisha.jp/arc/personal_color/course/pfk_070106.html

  □メイク

  『ポイントメイクアップ 眉 体験講座 11/30他』

  http://www.shikisaisha.jp/arc/school/fashion/make_up_taiken.html

 

 ◆色彩検定受験者対象

  □AFT1級関連講座

  『AFT色彩検定 1級2次 直前1日集中講座&模擬テスト 2006冬期』

  http://www.shikisaisha.jp/arc/kentei/course/aft_061208.html

  □講師養成

  『色彩検定対策講師養成講座 2007/1/28(日) 開講』

  http://www.shikisaisha.jp/arc/kentei/lecturer/aftk_070128.html

 

 ◆色彩の学習

  『「五感」をフル活用する!カラー入門セミナー 12/3 大阪 』

  http://www.shikisaisha.jp/arc/school/other/color_basic.html

  『初めての方のための『色のきほん』講座」 11/26スタート 大阪 』

  http://www.shikisaisha.jp/arc/school/other/iro_kihon.html

 

 ◆色彩のプロ養成

  『色彩セミナー講師養成講座 1/28(日)または1/31(水)スタート』

  http://www.shikisaisha.jp/arc/school/pro/semi_lecturer.html

 

 

 インターン制度&申込

 http://www.shikisaisha.jp/arc/offer/jinzai/intern.html

 個人向け業務提携のご案内&申込

 http://www.shikisaisha.jp/arc/offer/jinzai/gyoumu_teikei.htm

 アルバイト募集のおしらせ 

 http://www.shikisaisha.jp/arc/offer/jinzai/time_job.htmll

 

--------------------------------------------------------------------

 色彩コラム ファッション・パーソナルカラー・カラービジネスについて

 http://shikisaisha.blog58.fc2.com/

 

 色彩舎携帯サイト

 http://shikisaisha.jp/i/

 

 ==================================================================

 □発行元 色彩舎

 □ご意見・ご要望は、 mailto:info@shikisaisha.jp までお願い致します。

  一生懸命読ませていただいて、出来るだけお返事いたします。

 メールマガジンの配信中止や送信先の変更をご希望の方はお手数ですが

  http://www.shikisaisha.jp/arc/mail/set/touroku.html

 こちらから、お願いいたします。

 □連絡先

 TEL 06-6271-6450 FAX 06-6271-6455 info@shikisaisha.jp

 ==================================================================